2010.1.23 猫魔-雄国沼-雄国山-ラビスパ裏磐梯

癒し系の縦走ツアー(猫魔-雄国沼-雄国山-ラビスパ裏磐梯)に行って来ました。車1台なので、最終地点(ラビスパ裏磐梯)にデポして、路線バスと無料シャトルバスを乗り継いで、猫魔スキー場からアクセス。山中はガスっていて展望は無かったですが、固めの雪の上に降ったばかりの新雪が20cmほど積もっていて、楽しめました。

雄国山山頂で/右からIMachさん、みっちーさん、HAMA
画像

◆行程
 ラビスパ裏磐梯7:33発(磐梯東都バス)-7:53猫魔ホテル8:30発(無料シャトルバス)-8:50猫魔スキー場
 
 雄国第1AトリプルリフトTOP9:07-雄国沼休憩舎9:50/10:10-雄国山10:47/11:00-13:15ラビスパ裏磐梯

◆ルート
クリックで拡大表示
画像

('10.1.24追加)◆動画(IMachさん作成のYouTube動画)
http://www.youtube.com/watch?v=vtC3eWL-Ry8

◆レポート
 まず、朝一で「ラビスパ裏磐梯」へ直行して、支度を整え、車をデポ・・・
画像

ウロコ板も持ってきましたが、難しそうな雪(固くなった雪の上に新雪が20cm)なので、ふつうの板にしました


「ラビスパ裏磐梯」を7:33発の路線バスで「猫魔ホテル」へ・・・600円也
画像

「猫魔ホテル」からは、猫魔スキー場のシャトルバスで・・・無料
画像

雄国第1AトリプルリフトでTOPまで乗車・・・1回券500円也
画像

今日は、まず、下りから始まります
こういうところはあまり無いだけに、体の目が覚めるまで時間が掛かりました
画像

風は無いが、残念ながらガスが出ていて、展望無し
そうこうするうちに、雄国沼まで来てしまい、休憩舎で一服・・・
建物はありがたいです
次の雄国山の登りに備えて、休憩舎の中でシールを装着
画像

今度は、雄国山へ向かって登り返します
画像

休憩舎から山頂付近は一段とガスが濃い
山頂手前の尾根からのドロップは、今回は見送りだ

山頂の展望台も、ガスで何も見えません
画像

先へ進み、ちょっと開けた所を見つけては、楽しみます
画像

主のような木を見つけました
画像

新雪が溜まった斜面は楽しい (みっちーさん)
画像

こちらは、Jump & Fly (IMachさん)
画像
今日は新雪で板の走りが良いので、飛距離が延びているようです

私も滑ります
画像

やがて、登山道の道標が出てくれば、終盤に近づく
画像

最後に出てくる急斜面の沢、たっぷりの雪で埋まっているようだ
画像

ただし、今週の気温上昇で緩んだ雪が再び固くなった下地の上に、新雪が積もっているので、一見、滑りよさそうに見えるが、中は凸凹が埋まっていたりして、油断は出来ない

小回りで急斜面をこなしながら、やがて、ラビスパ付近の植林地に出た
画像

-------------------
今日は、登りらしいところは雄国山だけという、比較的”軽/緩”だったが、降雪直後の雪が木にも積もり、気持ちのいい演出をしてくれたので、満足でした
展望が無かったのは、ちょっと残念・・

このルートのいい所はゴール地点が温泉(ラビスパ裏磐梯)、到着時間も早かった(13時過ぎ)ので、ゆっくりと汗を流して(500円也)、帰途に着いた

帰宅したのは16時半、こんな早い時間に戻るのも、あまりないことだ

---------------
実はバス待ちの時に、テレブーツ(T2)の異常に気付いてしまった
左足の内側ヒンジが完全に外れてしまっている・・・
画像
いつ飛んだか・・・たぶん、先週の二岐山か・・・
とりあえず、今日はそのままで行くことにした(・・・本当はそういうのは危険)

帰宅後、さっそく、ついに破損したブーツのヒンジの部品探しに、ホームセンターへ・・・(この話はまた今度


IMachさんみっちーさん、 どうもお疲れ様でした
 ↑↑    ↑↑
(クリックでHPへリンク)


"2010.1.23 猫魔-雄国沼-雄国山-ラビスパ裏磐梯" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント