山&鉄な、一日・・ 【鉄動画】

2015年2月8日 早朝に、栃木・福島県境のJR東北本線沿線へ行き、山の上から寝台特急「カシオペア」「北斗星」を俯瞰動画撮影。定刻どおりに通過(カシオペアは7時ごろ、北斗星は7時半ごろ)したので、那須の赤面山へ転進して山スキー・・・

画像

------------------------
YouTube動画


YouTubeページで再生
http://youtu.be/3gA5JFY4e-Y

しっかり水平取った三脚にビデオヘッドを載せて、
フォロー・パンしながらのチルトも入るし、遠方は寄せで手前は引きのズームをし、
しかも、列車は高速で通過するので、画面から切れないように、
と、この場所での動画撮影はなかなか難しい

------------------------

画像

赤面山は、今回も風が強くて、
予想どおりのカリカリバーンで、テレマークよりもパラレルで滑って降りた。

画像



この記事へのコメント

みどぽん
2015年02月09日 19:31
積雪期の赤面山は過去に1度行きましたが、胸ラッセルで廃リフト最上部まが限界でした。まだ山頂まで行ってないので、もう一度行きたいと思っています。ただ、旧ゲレンデの雪質は風の影響次第で吉と出るか凶とでるかのようですね。あと、一般道での移動時間が高速道で裏磐梯へ行くより長くなるのが、足を遠のかせている一因でもありますが・・・
HAMA
2015年02月09日 20:19
みどぽんさん、赤面山と周辺の那須の山は冬は強風が定番で、気温も低いのでなかなか吹き溜まった良い雪の条件で滑れるところは限られてしまいます。それでも、展望が良いためか登る人は結構いますね。今年は意外に雪が少ない印象でした。廃リフト旧ゲレンデ脇を黙々と1時間から1時間半ほど登ってしまえば灌木帯に出るので、山頂までは条件が良ければ広い斜面を帰りに滑れますが、今回はカリカリ斜面でした。カリカリは練習にならず疲れるばかりか、旧ゲレンデも吹きさらしと吹き溜まりで雪質変化が著しく、ゲレンデを逸れた樹林帯の中の比較的柔らかい雪のところが少しだけ滑れました。スキーを使った冬山登山だと思えば、それはそれでよいのかもです。

この記事へのトラックバック