マンフロットのビデオ用オイルフルード雲台

ビデオ一脚で撮影することが多くなりそうなので、思い切って一脚の雲台をマンフロットのものに替えてみた・・・

画像

安定してビデオ撮影ができれば、三脚より一脚の方が場所も取らず、
機動性も高いので、一脚の出番が多くなるというもの

この雲台(MVH-500AH)、結構、評判がいいみたい
マンフロットのビデオ用雲台の中では一番小型タイプだが、
手持ちのビデオカメラと合わせてみると結構でかい

この雲台の重量は1Kg以下で、カウンターバランスは2.5Kg固定ということだが、
外部マイクを付けたハンドル付きのXA20の重量でちょうどバランスが取れている感じ

さすがにパン・チルトともにスムーズ

フラットベースなので、スチル用三脚にも組み合わせができる(レベラーは要る)

ビデオ一脚だけで使うのは勿体無いので、三脚の時も使って、元取らないと

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック