千葉の鉄道を巡る旅(その2)・・・銚子電気鉄道

”その1”から、ちょっと間が空いてしまいましたが、成田ゆめ牧場から場を写して、”その2”は銚子電鉄です・・・

いい味の動画もあるのですが、編集の時間が無く、もうちょっと後で・・

単線の銚子電鉄、ここ笠上黒生駅では交換があります
”スタフ”というのは、閉塞のこと
JRなんかだと、”タブレット”とか云っていましたね
画像

ここで、デハ801が交換します
画像


ちょっと戻って・・・銚子電鉄の終点は、ここ外川駅
何ともいい味が出ています
画像

仲ノ町駅(なかのちょうえき)です
町工場みたいな雰囲気の駅、そう、ここには整備工場があります
画像

入場料を払って奥へ行くと、こんなのが居ました ”デキ”です
良く見ると、パンタグラフではないですね
2012年春に、生誕90周年記念として集電装置がポールに換装された、とのこと
画像

デハ801車内、仲ノ町工場で塗色変更したプレートを掲げていました
画像

そろそろ、夕暮れになってきました
名残惜しいですが、たくさん撮ったので、よし、としましょう
画像

犬吠近くの君ヶ浜海岸の駐車場に停めた車へ戻りました
画像

銚子電鉄、短い路線ですが、ローカル線のいい味が出ていました
減便されたそうだが、長く続いていって欲しいものです

(おしまい)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック