頼りになるヤツ・・・

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)です、たくさん仕入れて(もとい、処方して)もらいました・・・

漢方68番、芍薬甘草湯
画像

---------------------------------
じつは、
この間の燧ヶ岳・残雪登山でも、ナデッ窪の下りでやらかしてしまいました。
足攣り、です。
画像

このところ、スキーでも、山登りでも、決まってやらかしてしまいます。
今回は、下りの途中で攣ったので、ちょっと焦りましたね。
この時は、昨年の東吾妻ツアーの時に、某山岳会の方からもらった
ツムラの68番を飲んだら、すぐに効きました。

やはり、処方薬は効きが良いのか?

今まで、足攣り関係では、市販薬の記事を書いていました。

→コムレケア

→芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

しかしながら、「処方してもらう68番が一番効く・・・」と聞いていたので、
近くの整形外科へ行き、「・・・山登りで足が攣るので、68番を処方して下さい・・」と
ストレートにお願いしたら、「・・・ありますよ」との返事。
ただ、「対処療法であって、攣りの原因を直す治療薬ではない」との言葉も。

いっぱい処方してもらったので、当分は、安心できるかも。 です。




この記事へのコメント

みどぽん
2013年06月05日 18:24
私は最近、滑っているときに、ふくらはぎが攣りそうになったことが何回かありました。(ターン後半時の内脚です)
おそらく原因は、(遅い出発時間を挽回しようと)登りで体力を消耗することに加え、道具のせい(にしていますが)かと思っています。残雪期に現れる症状なので・・・
現在は内科のみの通院なので、整形で比較的簡単に処方してもらえるようで参考になりました。
HAMA
2013年06月06日 06:42
みどぽんさん、
市販薬より、リハビリ系の整形外科で処方してもらう方が、費用も効き目もメリットがありますね。因みに、処方薬は、ツムラではなくテイコクのものでしたが、成分などは同じみたいです。市販薬とは1包あたりの量が違って多いようです。
煙突おじさん
2013年11月13日 11:06
確かにその漢方薬は効きますね
東吾妻で経験してよくわかりました
スキーに行く時は常備薬にしています
整形で処方してもらえるなら助かります。
HAMA
2013年11月13日 22:47
煙突おじさん、ほんとに常備薬として持っているだけでも安心です
嵩張らないので、普段も持ち歩いています
これからの季節、またお世話になりそうですね

この記事へのトラックバック