高遠そば、水そば

ちょっと前、5月連休後半は、会津の大内宿へ。この時期は絶対に、道路も行き先も混雑すること判っていたので、早めに出発、混んでいたが蕎麦を食べてきました。季節を変えて、時々は行きたくなるんですね・・・

頼んだのは、”水そば”です
画像

井戸から汲んだ伏流水でこねて茹でたということで、
めんつゆではなく、大根おろしの汁で。
薬味は2種類で、
くるみと味噌、もうひとつは大根おろしと鰹節にたまり醤油を少し入れて。
徳利は日本酒ではなく、”めんつゆ”ですね、自分で加減します。

こちらは、定番の、”高遠そば”
画像
ネギで蕎麦を食すことに挑みましたが、ちょっと難しいので、
ネギは齧るだけにしたようです。

こちらは、高遠そばにプラス、山菜てんぷら
画像

人出も多く、5月連休らしい風景でした
画像

いつもの俯瞰場所からですが、やはり、人が多かったですね
画像

--------------------------------------------

信州生まれの私は、高遠そばの”高遠”が、ずっと気になっていましたが、
やはり、信州・伊那の高遠のことで、
大根の絞り汁を蕎麦つゆとして使う食べ方は、
信州の高遠から伝えられたものだといわれているそう。

はて?、そんな食べ方が伊那にあったのかな?

高遠藩主であった保科正之が、会津藩主として赴いたことから、
大根おろしそばを高遠そばというようになったということだ。

こちらは、なるほど、ですね。

この記事へのコメント

2013年05月11日 13:49
ネギで蕎麦を食べるって珍しく私も食べたことありますが、ネギでは食べづらくお箸で^_^;ネギは一口齧って終わり。
時期的に鯉のぼりがあがって賑やかですねぇ。
また、行ってみたくなりましたぁ!
HAMA
2013年05月11日 22:22
ヒメさん、コメントありがとうございます。
ネギで蕎麦って、食べ難いですよね、昔の人も?・・って感じですよね、
ネギ一本付きは他ではお目にかかれないので、たまに行くと新鮮でした。店に並ぶ民芸品は、季節毎に内容を変えているようで、それを見て歩く楽しみもありました。また、お出掛けでも、どうぞ・・
2013年05月17日 22:14
ねぎをもう一本頼めばねぎで箸みたいにして食べられますよ。
三澤屋はねぎおかわりOK
HAMA
2013年05月19日 21:16
N家たけちゃん、ネギの追加、忘れてました
そうですね2本あれば箸のように・・って、ちょっと無理があるかも・

この記事へのトラックバック