HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【動画&レポート】 2013.4.28 快晴の中央アルプスBCスキー

<<   作成日時 : 2013/04/30 01:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013年4月28日 快晴、これはもう行くしかない、と千畳敷からアイゼン+ピッケルで登る木曽駒ヶ岳・宝剣岳周辺のBCスキーです。さっそく、YouTubeに動画をアップしました。よろしければ、ご覧下さい・・・

--------------------------------------

YouTube動画


YouTubeのページで再生は、こちら↓
http://youtu.be/sYj2akxumOk

YouTube動画チャンネル 「HAMA'sの山&鉄 通信」です。
こちらも、どうぞ・・・
http://www.youtube.com/user/YAMANOHAMA

--------------------------------------

伊那前岳から千畳敷へ滑降の途中から見た宝剣岳
画像

--------------------------------------

菅ノ台バスターミナルの一番バスは満員で乗れなかったので、臨時便の次のバスでしらび平へ。
しらび平からは2番目のロープウェイで千畳敷へ。

ホテル千畳敷内の指導所で登山届を出して、「架線沢に行こうと思うんですけど・・・」「昨日、20cm以上積もって弱層があると思うので、沢は止めた方がいい。白馬で雪崩もあったので...」 単独だし、前日に降った雪の様子が判らないので、沢は止めて取り合えず木曽駒山頂へ向かうことに。

GPS軌跡(Google MAP)
画像

ここは登路が急なので、スキーシールは使えず、アイゼン+ピッケル使用がローカル・ルール。

ザラメ雪になってそうにはないので、気温が上がって雪が緩むには時間が掛かるかもしれないが、早くも乗越へ向かう登山者の列。
スキーer&ボーダーの姿も見えるが、テレマークスキーの人はいないみたい。

ここ(中ア)でBCスキーは初めて、というN2さん(ATスキー)と同時に出発することになり、
その後も山頂から千畳敷の戻りまで、ご一緒していただいた。


千畳敷カール底から乗越浄土のコルへ向かう登山者&BCスキーer
画像

朝のうちは雪が締まっていて、アイゼンでサクサクと登る
画像

オットセイ岩を過ぎた辺りから斜度は増し、高度感も増す。
ついでに、疲れも、緊張感も増してきますが、
適度に締まった雪なので不安はありません。

画像


乗越浄土からは中岳を目指して一登り、
中岳からは一旦下って、再び登り返して木曽駒山頂へ。

木曽駒の登りから中岳を振り返る。
画像

木曽駒ヶ岳の山頂、到着です。 (N2さん、お疲れ様でした)
画像

千畳敷から、ずっと板を担いできたので、重たかった・・・

山頂から右手(西)には、三ノ沢岳の凛々しい姿、
南には、宝剣岳から空木岳方面に縦走路が連なる。
いやー、いい眺め。
画像

北には、左手の御嶽山がすぐそこに、その隣に乗鞍、さらに槍・穂がくっきりと。
こちらも、思わず歓声。
画像

東には、伊那前岳の上に、南アルプスが長々と連なる。
こちらも、絶景。
画像

せっかくなので、HAMAの写真も、槍・穂をバックに1枚
画像

木曽駒ヶ岳山頂は大賑わいで、この天気だもの、この日に登った人はラッキー。

360度の景色を堪能した後は、山頂から一旦こるまで滑って、中岳へ担ぎで登り返し。
山頂からは、黒川源頭を滑って駒飼ノ池から宝剣山荘へ登り返す選択もあったが、
黒川も不安定のようなので、大人しく往路を戻る。(無理しない・・・)

中岳から宝剣山荘まで滑って乗越浄土へ、
そこから伊那前岳のやせ尾根に再びアイゼンに替えて軽く登り、宝剣岳を振り返る。
画像

ここ(伊那前岳の和合山)からの滑りは、ハイライトです!
尾根から千畳敷カール底までの大滑降、滑り出しはちょっと急で下が見えませんが、
思い切って行きます。
下からの確認で雪はつながっているので、一気に行けるでしょう。

滑降斜面の中腹から、宝剣岳を見た様子。
斜度は、この位です。
画像

千畳敷カールへ滑降するN2さん(ATスキー)
画像

南斜面なので、滑る頃には適度に雪は緩み、快適な大滑降でした。
次第に高くなる宝剣岳の頂を横目で見ながら、気が付けばカールの底、
伊那前岳では下の方に見えていたロープウェイ駅へちょっと登り返して、
木曽駒までのスキー往復は、無事に終了しました。

N2さん、ご一緒して頂き、楽しかったです。
また、何処かでお会いしましょう。
ネパールでもご活躍されること祈ってます。

--------------------------------

小休憩した後、ちょっと未だ時間があったので、極楽平側の斜面を途中まで登り、
さきほどの伊那前岳から千畳敷までの滑降ルートを眺めました。
画像

天気が良くて大満足の後は、大回りターンでロープウェイ駅まで滑って戻り、
中央アルプスBCスキーの一日を終えました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもこんにちは、あそこ滑りましたか、雪も多くて天気も良くてよかったですね、あの斜度ではダブルポールのジャンプターンなどでこなしましたでしょうか。私はあれはどうも出来ません。テレマーク動画見みたかったなぁ
緩斜面テレマーカー
2013/05/01 17:35
緩斜面テレマーカーさんこんばんは
はい、連休になると行きたくなる所です
急斜なのでダブルポール+チェックホップ(のつもり・・)を入れたテレマークターンでしたです、しかし、すぐ足が疲れましたです
今回も、あそこでテレマーカーを見掛けることは出来ませんでした
HAMA
2013/05/01 21:32
期待通りの映像でしたね!良かったです。hamaさんが例年行かれている中で、雪は多かったのかな?と感じました。やっぱり山はいいですねー!いつか宝剣岳を訪れたいです。
t村妻
2013/05/04 12:46
t村妻さん、ありがとうございます。
天気が良くて、アルペン的な景色を存分に楽しめたので、その印象をビデオにしてみたんですが、青空・雪・岩のコントラストは何度見てもいいです。雪は例年より多いように思いました。宝剣岳、今度、山頂から見下ろしてみてください、但し、夏にねー
HAMA
2013/05/04 16:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【動画&レポート】 2013.4.28 快晴の中央アルプスBCスキー HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる