山用ビデオカメラのウィンドジャマー自作

スキーや山登り、鉄撮りなどにビデオカメラを持ち出すことがほとんどなので、風切り音はカットしつつ、濡れたり汚れたりしても気にしなくてもよいウィンドジャマーを作ってみました。材料は、季節終わりで300円で処分していた、モフモフの”耳当て”です・・・

出来上がり形、です
画像

ついでに、カメラをショックから守りつつ少々の雪や小雨や傷つきから防ぎつつ、
撮る時にいちいち外さなくても捲るだけで済むように、
ボディには使い古しのネックゲーター、レンズフードにはリストバンド、でカバーです。
マイクユニットは、サランラップをぐるぐる巻き、です。
全部、ありあわせのものですが、これが使い勝手がよいようです、
洗濯可能、擦り切れたり汚れたりしても、再生可能・・・

モフモフの耳当て”改め”ウィンドジャマーは、
ダスキンのモップみたいな色(ベージュ)ですが、気にしない・気にしない・・・

この、ウィンドジャマーっていうやつ、
買ったらとんでもなく高い(数千円!)ので、もし買ったら、
汚れなどを気にするだろうし、山で紛失するのも困る、
そもそも、そんな高いの買えない、
という訳で、
300円のモフモフ耳当て両耳で2個も自作できるならオンの字、
150円/1個なので、汚れても洗濯するか、交換すればいい。
因みに、風切り音の抑制効果は、2月3月の北斗星・カシオペア撮影で
確認済みで、スポンジ製のウィンドスクリーンよりも、効果あり。


自作ウィンドジャマーの作り方、です。

まず、こんなモフモフ耳当てを入手
画像

片耳の形は、こんな、丸型なので・・・
画像

↑このままでもいいが、棒状マイクの形に合わせて、内側を縫ったら、出来上がり↓
画像

端部は、ベルクロテープで留めていますが、ゴム紐をぬいつけてもいいでしょう

-----------------------------

まあ、エベレストにハイビジョン・ビデオカメラ持っていって撮影する、
NHK撮影班のTV番組を見て、カメラのカバーの仕方などは、
せいぜい、北アルプスや山スキーで使う程度の差はある訳ですが
参考にしつつ・・・

NHK 「エベレスト 世界最高峰を撮る」より・・
画像



この記事へのコメント

なお
2013年04月22日 21:44
すごい!!!!
こういうの超ーカッコイイ!!
HAMA
2013年04月23日 00:31
なおさん、
NHKエベレスト取材班、カッコイイですね。
「いや、そっちじゃあ、ない」という声が聞こえたことにしときましょう(笑1)

モフモフのジャマーは触った感触が、癒される感じでイイです。
「そういう話じゃあ、ない」という声もあります(笑2)

この記事へのトラックバック