2012.8.26 会津駒ヶ岳レポート

毎日の暑さから、とうとう、山へ逃げ込むことにしました。標高2,000mまで上がれば、さすがに涼風で快適です。しかし、会津駒から中門岳まで足を延ばしてゆっくりした心算が、時間を読み間違えて、午前中には下山してしまったので、もっとも暑い午後の早い時間は、再び下界に戻ってしまい・・・

中門岳(2,060m)から、会津駒ヶ岳(2,133m)(左)と、尾瀬の燧ヶ岳(2,356m)(右遠望)を望む
画像

--------------------------------------------------
◆2012年8月26日(日)

◆滝沢登山口(標高約1,000m)から会津駒ヶ岳(2,133m)・中門岳(2,060m)を半日で往復

◆単独

◆行程: 6:00登山口(階段) - 8:30/8:50会津駒ヶ岳 - 9:30/10:15中門岳 - 12:00登山口(階段)戻り

◆標高差/所要時間: (上り)1,133m/2時間30分 (下り)1,060m/1時間45分

◆コース概念図(Google Earth)
 画像
--------------------------------------------------

ここは、今年の山スキーの板納め(5月19日)以来だ

会津駒ヶ岳(右)と駒の小屋(左)付近のパノラマ画像
もともと、木が無い訳だから、雪の時期には大斜面になる訳だ(源六郎沢の源頭)
画像


定番だったはずの”山頂バンザイ”は、このところ、”山頂カンパイ”になりつつあり...
まあ、夏の時期だから、直ぐ汗になるので、いいか
画像


お馴染みのねこみみ双耳峰、尾瀬の秀峰 ”燧ヶ岳”
画像

因みに、雪の時期の風景は、こんな感じ・・・
どちらかといえば、こちらの方が好みだな、帰りは滑って帰れるし・・・
画像


駒山頂だけで下りるのは勿体ないので、尾根続きの中門岳へ足を延ばすことにする
画像

これも、雪の時期の風景は、こんな感じ・・・
御神楽沢の源頭部は、春先に駒オプションとして滑るのも、楽しい
画像


緩いアップダウンを超えて行くと、中門岳に至る
そこには、大きな池塘がある
画像


ここで、知り合いのテレマーカー(みどぽんさん)に、ばったり遭遇・・・
なんでも、2,000m以上なら涼しいだろうと、この山にした、とのこと
どうも、考えることは同じようです

雪の時期に山スキーで「ばったり」はよくあることだが、夏山で、しかも、
山頂でばったりとは、なかなかの奇遇ですね

画像は、中門岳の奥に向かう、みどぽんさん(・・の後ろ姿)
画像


このトンボ君は、スマートホンが気に入ったらしい・・・
画像


中門岳から再び、駒の小屋辺りまで戻り、来た道を戻った
ちょうど半日(6:00~12:00)で、会津駒・中門岳まで、往復したことになる

駒の池に映る逆さ駒
画像

--------------------------

日差しは未だ、夏だが、稜線を吹く風は、既に秋の気配でした

この記事へのコメント

2012年08月27日 20:02
御神楽沢はそそられますね。
底まで行っちゃいそう。登り返しが怖い。

HAMA
2012年08月27日 20:34
N家たけちゃん、当日は尾瀬に居たんですね、みどぽんさんと中門岳でばったり会って「どこか来てるのでは?」と噂してたんですよ、キャンプでしたか。御神楽沢源頭は、雪のある時期を想像して、何度ものぞきこみました。
soiga
2012年08月28日 09:16
勢力的に山行ってますね。
見習わなくては!!

たけちゃんもそうだけど、HAMAさんも偶然の出会いがあったのですね
HAMA@for Tokyo
2012年08月28日 11:41
soigaさん、こんにちは
弱腰治療であまり行けなかった昨年の反動かも、です。そろそろ、山は秋風になってきました。早くも雪の季節が待ち遠しいです。今年は沢行が多いようですが、山登りはこれからですかー?
2012年08月28日 14:41
天候に恵まれ素晴らしい山行でしたね!
頂上付近の展望も山麓のブナ林も魅力の山です。
冬景色の写真いいですね~
涼しさを頂きました。
HAMA
2012年08月28日 22:00
たそがれ清兵衛さん、こんばんは
このところ、天気が安定していて、空気が乾いていて晴れました。この時期は、山麓は暑いですが、早朝は過ごしやすいです。山の上は快適な涼風で、下りるのが勿体ない感じでした。これから、日増しに秋になっていくのを感じました。でも、下りたらやっぱり下界は暑いですね・・・
2012年08月29日 21:31
会津駒は大好きな山のひとつです。
たまに独りで登りにゆきます。
春の積雪期にも登っているのですが「会津駒ヶ岳」の道標の上に腰掛けたい夢はまだ叶っていません
山スキーが出来ると下山が早くていいのですがね。スキー出来ないんです
スノーシューで登下りだと時間制限があって、なかなか厳しいです。
HAMA
2012年08月30日 01:29
karakeさん、会津駒ヶ岳、通われてますね、季節を通じていいですよね。年によっては、山頂の導標が出てなかったり、腰掛けだったりしますが、早春にまあるい雪のてっぺんで眺める景色もいいもんてす、今度はゼヒ腰掛けを・・ また、尾根続きの登山道の無い大戸沢岳に行けるのも、この雪のある時期だけですね。
2012年09月23日 23:57
いいですね~♪僕もスキーをちゃんと出来るようになって、こんな所を滑ってみたいです(^0^)♪
HAMA
2012年09月25日 06:49
やまやさん、おはようございます
最近は、テレマークやアルパインスキーばかりでなくスノーボードで雪山バックカントリー滑る人も多いですね。年末年始には、中京に帰省がてら、奥美濃の山滑りの方へもお邪魔しよかなー、と思ってます。

この記事へのトラックバック