HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 追記あり・・ 2012.8.16-18 北アルプス・笠ヶ岳

<<   作成日時 : 2012/08/19 23:03   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

新穂高温泉から小池新道で鏡平へ、弓折から稜線通しに笠ヶ岳へ、帰りは笠新道で新穂高温泉へ、2泊3日のいい山旅でした。ビデオ撮影したものもあるので、それは後日に ⇒ 2012.8.23 YouTube動画を追加しました♪ ・・・

槍・穂の稜線(8/18朝/笠ヶ岳から)
画像

--------------------------------

◆2012年8月16日〜18日

◆単独/素泊まり、小屋泊で周回

◆行程:
  8/16 8:00新穂高温泉/鍋平P - 8:40新穂高温泉(ゲート) - 10:55/11:05秩父沢 - 13:30鏡平山荘(泊)
  8/17 6:10鏡平山荘 - 6:45/6:55弓折(稜線) - 8:45/8:55秩父平 - 10:15笠新道分岐 - 11:55笠ヶ岳山荘 (15分) 笠ヶ岳山頂 (10分) 笠ヶ岳山荘(泊)
  8/18 6:10笠ヶ岳山荘 - 7:10笠新道分岐 - 7:55/8:15杓子平 - 10:30笠新道登山口 (60分) 新穂高温泉


◆今回のルート概要(Google Erth)
 画像

--------------------------------

2012.8.23 YouTube動画を追加しました♪

クリックで再生します


YouTubeのページで再生は、こちら↓
http://youtu.be/lA-gzHyrRNQ?hd=1


8/15晩に、カミさんの頼まれ事を終えた後、翌朝未明に出発、7時半に着いたが、新穂高温泉のいつもの登山者用無料駐車場は満車ということで、鍋平Pへ回された。鍋平Pからバスターミナルへ降りるのに40分掛かってしまい、タイムロス。まあ、この日は鏡平までなので、普通のペースで登るが、秩父沢を渡る辺りで雨、カッパを出して、このまま雨なら稜線まで登るのよそうと思いながらも、イタドリヶ原・シシウドヶ原を超える頃は次第に明るくなり、そのうち鏡平山荘へ到着。未だ早い時間なので、鏡池でぼんやりとしつつ、槍穂が現れるのを待つが、とうとう、この日は拝むことができなかった。睡眠不足のため、PM8:00過ぎには、寝るモードへ。

翌8/17は、朝から晴れ渡り、さっそく鏡池へ。
風が無く、水鏡で上下対称になった槍穂が見えた。
いい眺めです。

画像

鏡平から一登りで弓折乗っ越へ。
ここからは、お楽しみの稜線歩きです。
目的の笠ヶ岳は、常に前方に。

画像

次第に笠ヶ岳が大きくなってきました。

画像

山荘まで、もうあと一息、さらに左上には山頂が見えています。

画像

この後、ガスが出て来て、山頂は周囲が真っ白。
山荘で仕入れたビールで、一人カンパイ(写真無し)。
山頂には、二等三角点の標柱があります。

画像

昼前に着いてしまった。
折角なので、まあ、ゆっくりしよう、と。
残念ながら、周囲の山々は、ガスで見えず。
そうこうするうちに、抜いてきた人達が続々とやって来て、山荘は賑やかに。


翌8/18は、この日も朝から良い天気で、槍穂の稜線はもちろん、双六・三俣蓮華・黒部五郎・鷲羽・水晶・薬師・立山・剣 の各山々が一望の下。

槍穂の稜線は、冒頭の画像のとおりで。

この景色は、笠ヶ岳ならではのものでしょう、さすが天下の展望台だ。
(これは、そのうち、動画で公開予定)


大展望を満喫したら、湯を沸かして朝飯を食べ、そろそろ戻ることにする。

朝の涼風のなか、稜線を分岐まで。
これがまた、大展望を楽しみながら、最高の稜線歩き。

今日は、笠新道で一気に下る。
分岐の標柱には、新穂高まで4時間とある。
画像

分岐から途中にある杓子平は、お花畑だ。
でかいカール状地形に咲く花が色とりどりで、北アルプスらしい絵だ。
画像

-------------------------

やがて、槍穂の稜線が高みになり前山に隠れ、沢音が賑やかになる頃、笠新道入口に到着。

下った笠新道は、思ったよりもよく整備された登山道だ。
終始、石がゴロゴロなので、雨の日などは滑りやすいかもしれないが、それほど疲れた感はない。
西黒尾根のドロドロ状や、ブナ立尾根の急登に較べたら、ちょっとはましかも(個人的感想)・・・

-------------------------


<2012.8.20 追記>
笠新道の下りの標高約2,000m辺りで、ヘルメットをザックに下げて、
後ろから軽快に降りて来た方がいた。

そこから、笠新道を新穂高までご一緒することに。
お話していて、凄い方だという事が判った。
→その方(やまやさん)のブログは、こちら
なんせ、新穂高から槍越えて水俣乗越を降りて、単独で北鎌沢から北鎌尾根を登り返して、
槍を越え、双六から笠新道で新穂高へ戻る、という・・・

私には、信じられないです!

さらに、北鎌沢のコルでは、アクシデントで怪我した方に遭遇して一晩付き添い、
尾根に登って、携帯でヘリを呼んであげたという・・・

さらに、仰天のお話は、新穂高に着くまで、続く・・・
なんと、錫杖岳や、クリヤ谷、穴毛大滝などの冬期登攀をやっていたそうな・・・

ご自身が雪崩に流されて、必死に泳ぐ話や、埋まった人の掘り出しの話など、
凄い話を淡々と聴かせて頂きました

錫杖岳の壁は約200mあるそうで、ちょうど、名古屋のツインタワーの高さだそう・・・
登ったそうです(あ然・・)

あ、この方は、愛知県にお住まいのクライマーだそうです。

そうしているうちに、新穂高のゲートに到着、
そこから、鍋平Pまで、お言葉に甘えて、車で送って頂きました。
お陰さまで助かりました、どうも、ありがとーございました。

鍋平についた直後に、雷雨がやってきました。

露天風呂で汗を流しながら、「やっぱり、北アルプスはいいな・・・」と
つくづく・・・

いい余韻を感じつつ、帰路に着いた。

また、行きたくなりました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
笠新道〜新穂高を御一緒させてもらいました。ありがとうございました♪
何度かおじゃましたことのあるブログだったので驚きました。動画も楽しみです♪
やまや
2012/08/20 02:50
やまやさん、
その節は、笠新道下りをご一緒させて戴き、仰天のお話をありがとうございました。お陰さまで、短い時間でしたが、山の楽しさや厳しさ、心構えなど、魅力を感じるお話を楽しむことができました。さらに、お言葉に甘えて、鍋平まで車で送って頂き、感謝!です。拙ブログご覧頂き、お恥ずかしい限りですが、山登りの魅力を再確認できた山旅でした。ありがとうございました。動画、お恥ずかしいですが徐々にまとめて参ります・・・
HAMA
2012/08/20 20:04
HAMAさん、こんばんは。お久しぶりです。
今年はお盆の連休に入った途端に天気が芳しくなかったですね。

自分も今年は長期アルプス縦走は諦めて、のんびり
登山してました。

下界はまだまだ残暑ですが、山の上は少しづつ秋の装いに
変わって来ますね。
そして10月に入れば初雪の便りも届くと思います。
またHAMAさんともご一緒させてもらいと思ってます。
ジョー
2012/08/26 18:37
おぉー、ジョーさん、お久し振りです!
盆休み前半の頃は、ちょうど天気が良くなかったですね、秋の頃に、スカッと晴れた北アルプスを訪れてみたいです。
年末年始の休みの頃には、奥美濃のパウダーBCスキーにも行きたいですね、是非また、ご一緒しましょー!
HAMA
2012/08/26 19:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追記あり・・ 2012.8.16-18 北アルプス・笠ヶ岳 HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる