2012.7.28-30 (その1) ブナ立尾根/裏銀座縦走/水晶岳ピストン/竹村新道

このブログのTOPページ画像はワリモ北分岐から見た水晶岳ですが、裏側から登って反対側から雲ノ平を見てみたいと以前から思っていたところ、やっと実現しました。

(その2)へ進む

(その3)へ進む

(その4)へ進む

水晶小屋付近から見た、鷲羽岳・ワリモ岳方面
画像

水晶岳の稜線上から、岩苔小谷を挟んで祖父岳と雲ノ平を俯瞰
画像

--------------------------------------------------

2012.7.28-30 高瀬ダムから、ブナ立尾根/裏銀座縦走/水晶岳ピストン/竹村新道 の周回

◆行程
7/28(土) /行動時間(7時間40分)
5:50高瀬ダム <ブナ立尾根> 9:40-10:00烏帽子小屋 - 野口五郎岳/13:30野口五郎小屋(泊)

7/29(日) /行動時間(10時間12分)
5:00野口五郎小屋発 - 7:10/7:25水晶小屋 - 8:00/8:10水晶岳 - 8:33/8:57水晶小屋 -
10:30真砂岳分岐 <竹村新道> 11:30南真砂岳 - 13:00/13:10湯俣岳 - 15:12湯俣温泉晴嵐荘(泊)

7/30(月) /行動時間(2時間22分)
7:04晴嵐荘発 - 8:00名無避難小屋 - 9:26高瀬ダム 戻り


◆単独/小屋泊縦走

◆ルート(クリックで拡大)
 <等高線地図>
画像
 <GoogleEarth地形>
画像

--------------------------------------------------


今回の縦走ルートが良く判る標識があった
画像


野口五郎岳山頂まで登れば、正面に槍ヶ岳が良く見える
画像


周囲には植物は少ない強風地帯に立つ野口五郎小屋、
悪天候の時には心強いことだろう (7/28泊)
画像


翌朝は5時発、水晶岳に向かい、やっと着いた水晶小屋分岐
画像


残念ながら、水晶岳山頂はガス、標識だけ写真に撮って引き返す
画像


再び、真砂岳分岐まで引き返して、竹村新道へ
画像


縦走路から竹村新道に向かう人影は無く、ここから静かで長い下りが待っている
ところが南真砂岳までは、一旦大きく下って登り返しが結構きつい

南真砂岳から、真ん中やや左の湯俣岳、その背後には表銀座の山並み
画像


やっとこさで湯俣岳、しかし、展望は無し
画像


さらに下ること暫し、ビール妄想で頭がぼーっとなりつつ、湯俣温泉晴嵐荘に着いた
画像

晴嵐荘は素朴で静かな温泉宿、なんとこの日の客は5人のみ
自分を含めて、3人は竹村新道下り組、後の2人は、翌朝に登るという・・・


竹村新道は、噂どおり、急斜面がえんえん・・・と続いて、なかなか手強い尾根道だった



(その2)へ進む

(その3)へ進む

(その4)へ進む







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック