HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.6.2 燧ヶ岳・登山

<<   作成日時 : 2012/06/02 21:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

動画を追加(2012.6.3) ・・・会津方面は土曜日だけが晴れ予報なので、新調した登山靴の足慣らしを兼ねての残雪登山、できれば急斜面の登り降りがあるところを・・・だとしたら、燧ヶ岳、ということで。

沼尻から、下ってきたナデッ窪の雪渓を眺める
画像

YouTube動画




-------------------------------------------------------------------------

◆行程 6:40御池 - 7:40広沢田代 - 8:40熊沢田代 - 9:40-11:00山頂(マナイタグラ) - 
 - (ナデッ窪の雪渓を下降) - 12:20-12:45沼尻 - (大江湿原) - 14:20沼山峠バス停

◆単独

◆今日のルート (GPS軌跡) クリックで拡大
 画像

-------------------------------------------------------------------------

向かう途中にキリンテから見た燧ヶ岳
未だ雪は繋がっているようだ
画像

既に御池P付近の雪は融けているので登山道を登っていくが、
登山道は日陰なので雪が残っていて滑るため、早々にアイゼンを着用
今日の目的は、新靴の足慣らしとアイゼン錆落とし・・・
画像

広沢田代手前の斜面は、もう、このとおりデコボコ
画像

広沢田代は日当たりが良いのか、すでに雪は無い
しかし、熊沢田代への登り斜面には、べったり
画像

熊沢田代を手前の丘から見下ろす
雪は、例年の5月末の感じですかね
画像

熊沢田代から上は、何処でも残雪、雪渓が繋がっているので、そこを山頂へ向かう
画像

振り返ると、熊沢田代を眼下に、背後には未だ白い会津駒ヶ岳
春スキーの季節を思い出す景色!
画像

山頂からのパノラマ写真 (クリックで拡大)
画像

未だ、上の方は白い会津駒ヶ岳、でも、大分と雪が減った
画像


あまり登っている人がいないので、山頂で1時間以上ものんびり
さて、何処を降りようか
雪がたっぷりありそうなので、ナデッ窪を降りることにした

これが思っていた以上に雪が多くて、急斜面がほぼ一直線に下っている
幸い、ザクザク雪なので、もし、スリップしても大したことは無かろう
それでも、ジグを切りながら慎重に、アイゼンを効かせながら降りる

下を見ると結構な斜度だ
これ位ならスキーを履いていた方が、思い切りよく行けそうだ
画像

途中で振り返って上を見ると、それほどの斜面には見えないんだが..
画像

スキーなら早いんだろうが、ツボ足だと、なかなか稼げません、未だ途中・・
画像

振り返るとV字谷、この辺りは少し斜度も治まり、夏道より雪がある方がスムーズ
画像

降りた沼尻から見上げた、ナデッ窪の全景  結構、急だ
画像

ここまで来れば、この季節のミズバショウに出会える でも未だ、小さい様だ
画像

初々しいミズバショウ
画像

沼尻から大江湿原へ
燧ヶ岳を横目で見ながら、沼山峠へ
画像

----------------------------
新調した登山靴の按配は上々、急斜面の登り降りでも、当たって痛いところは無く、
当然ながら、水の浸み込みも無し

この夏の本番へ向けて、試運転は無事に終了、ってとこでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先週行ったときより、さらに雪は減ってますね。(あたりまえですが)
アイゼンは登山靴用も、テレ靴用も持っていないので、装着した感覚が分かりません。
残雪期の燧ケ岳も沼尻方面に降りると、スキーのときとは違った風景でまたいいですね。
みどぽん
2012/06/02 23:25
みどぽんさん、おはようございます
先週のみどぽんさんのスキーの時に御池田代に有った雪は、もう全然とけてありませんでした。スキーをもって上がる人も居らず、静かな燧ヶ岳でした。ストック無しで行ったので、ナデッ窪の急斜面はちょっと苦労しました。スキーなら、あっという間のはずの距離が、ツボ足だとえらく時間かかり、却って疲れますね。そのぶん、景色を堪能しました。
HAMA
2012/06/03 06:42
ナデッ窪用に板とブーツも背負って行けば良かったのに〜(笑)
N家(たけ)
URL
2012/06/03 16:15
確かに(笑)。しかし、あとさき考えると、登りで板が枝に引っ掛かり、沼尻からの戻りで好奇の目(変人)でみられ・・・止めときました。もっとも、ナデッ窪登り返しという手もありましたが(笑2)
HAMA
2012/06/04 05:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012.6.2 燧ヶ岳・登山 HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる