奥穂高岳の山頂で・・

日昇を眺めた後、テントを残したまま、身軽に山頂を目指しました(6:00)。涸沢に泊まったのでは最短でも2時間位掛かるので、未だこの時間に山頂へ登るのは穂高岳山荘かテント泊の人だけです。30分で山頂へ・・・ 2010.9.4動画を追加しました

YouTube動画



山頂直下の様子
西には怪峰ジャンダルム
画像

-----------------------------------------------

山荘側のハシゴやくさり場の急斜面を登ってしまえば、
後は、比較的緩いガレ場を山頂まで進みます
道は、岐阜県側の斜面に付けられています

画像


山頂の大ケルン、かつて今田重太郎氏が積んだもので約2mあります
奥穂高岳の標高3,190mには、このケルンの高さは入っていません
この上に立てば、北岳3,193mとほぼ同じ高さ、ということになりますね

見ている北方向には、北穂高岳の向こうに槍ヶ岳

画像


勿論、”お約束の山頂で万歳!”を忘れていません (動画から切り出し画像)
画像


前穂高岳側から見た山頂です
こちらから見た方が、山頂らしい写りかもしれません・・
山頂には、次々と登って来る人が多くなります

画像


同じ場所(山頂の前穂高側)からみたジャンダルムです
左端には、西穂高岳が見えます
特徴的な岩峰、前衛峰にしておくのは勿体無い・・・

画像


上の画像で、中央右に居る黄色い人の辺りから振り返って見た、奥穂高岳山頂です
こちらはガレガレに積み重なった石尾根(手前)がジャンダルムへと続いています

画像


振り返って、ジャンダルム山頂には人影が見えます(3人)
とても、あそこまで行こうとは思いませんが・・・

画像

 :

感心したのは、3,000mを越えた岩稜で咲いていた花・・・

画像



約1時間も居て、大展望を堪能しました

 :
(・・・続く)

→ 「速報 穂高から戻りました」 へ・・・

→ 「涸沢カール」 へ・・・

→ 「天空のテント場/白出コル」 へ・・・





この記事へのコメント

2010年09月02日 08:44
 良いなあ良いなあ良いなあ。
奥穂と西穂間は眺めが良くて人がほとんどいないので、大好きな
稜線です。3回歩きましたが、何度でも行きたいですねえ。
ジャンダルムは一回しか登っていませんが、あそこは登るよりも
奥穂あたりから眺める方が楽しめる頂だと思いました。
2010年09月02日 20:44
スゴイ人ですね。人気のスポットは違いますね~。

ジャンダルムってどこから登るんでしょう。
とんでもない形ですね。
HAMA
2010年09月03日 01:00
ファーマー佐藤さん、
なんと!3回もあそこを登ったんですか、ヘルメット被って向かう人がいましたが、やっぱりアレですか、ほとんどバリエーションルートってやつですか? 難度の高いハナシですねぇ、わたしにゃ無理です・・・
HAMA
2010年09月03日 01:13
N家たけちゃん、
まあ、稜線まで上がる人は皆、山頂目指すから、どうしてもスポット集中するんでしょうね、この時間帯は未だ早い方で、この2時間後には列を作ってザイテンを登ってくる人とすれ違ったので、大混雑だったと思います。
ジャンダルムは、前穂高側に見える斜面から周り込んで登るみたいですね
2010年09月03日 08:55
 いえいえ、あそこは岩がガラガラしているだけで、普通のコースですよ。
ただ、地図上では点線になっているので登山者が少ないのだと思います。
特に、初心者がいないので穂高~槍間よりも安心して歩くことが出来ます。
奥穂近くの馬の背を西に向かってホイホイ通過できる人なら、何ら問題ない
と思いますよ~。
HAMA
2010年09月04日 01:32
ファーマー佐藤さん、へぇ~、というか、ひぇ~、というか(笑)
ちょっとでも怖いと思ったら、行ったらイカン!ということですね・・
馬の背は、その手前から見た限りでは、結構、ナイフエッジでしたね..
ファーマー佐藤さんは平気なんですね・・私みたいなバランスが悪い者は、無理かなー、、

西穂からだと、結構な時間が掛るみたいですね、
荷物を奥穂にデポして、ジャンダルムまで往復している人が数人見えましたね

この記事へのトラックバック