レスキューツールの収納/KODE30

いまさら・・・の内容ではありますが、オスプレーザックKODE30のレスキューツール収納の様子です・・・スコップ(BDの安いヤツ)と自作プローブ(テントポール)とシールは、濡れモノ部屋に、スコップの柄は長いので、側面に・・・

N家たけちゃんがKODE30に換えた(遂に?)、という記事がありました
いいのをゲットしましたね・・・

私的には軽くて背負いやすいので、疲れにくい様に思います、オススメの一品です

2部屋に分かれていることと、なんといってもヘルメットが収納・固定できるのも、ウェストベルトのモノ入れも、○です

今回は、レスキューツールの収納の様子を・・・ いまさらではありますが
画像

シールは、今まで畳んで袋に入れていましたが、4つ折にして、スコップと共にザックに沿わせて・・・

プローブは、テントポール使用の自作なので、ザック内に収まる長さに切って(笑)入れて・・・

スコップの柄は、ザック内に入らないことは無いのですが、シールの出し入れに邪魔になるので、側面に・・・
画像
Tグリップに穴を開けて、細引きでループを作り、そのループを下のスキー用のループに通して固定・・・

なお、
KODE30は側面の生地が薄いので、板をA型にして背負う時、エッジで破れないように気を使わないといけません・・・

小物をぶら下げるのには、ちょっと工夫が要ります
→以前の記事へ

この記事へのコメント

2010年01月29日 00:11
確かに板を担いだ時にエッジで切ってしまいそうです。
その点、Switchは丈夫でした。重かったけど。
ちょっと気をつけてあげないといけなさそうですね。


HAMA
2010年01月29日 07:33
N家たけちゃん、縦一にして斜めに背負えば、エッジを気にしなくていいのかもしれません
ラブ
2010年01月29日 09:37
ご報告遅れました~。
「役立つ小物・・・vol.1」を参考にさせていただき、KODE38を購入しました。
私の使った面ファスナーが強力すぎたのか、剥がす時に肩ベルト端の布が毛羽立って、繰り返し使用には耐えられない感じ。
そこで、ゴム細引きと細長目のコードロックを組み合わせ、コードロックに引っ掛けるように固定したらバッチリでした。
左にGPS、右にペットボトルってな具合です。

板をA型に背負った時のサイド生地強度については、私も疑問を持っていました。
ネット上ではすぐ破れたという記事もありましたし・・
斜めがけ固定が良いと思いますが、A型にする場合の簡単補強策が浮かんだ時は公開を期待してますね。
HAMA
2010年01月29日 22:10
ラブさん、こんばんは
おぉ、KODE38ですか、それは良かったです
>ゴム細引きと細長目のコードロック・・・
スマートに出来上がったようですね
A型に板を固定する時のザック生地の保護策、春になって担ぐ前に考えないといけないです、手に入る材料で手軽にできる方法・・・
取りあえず、頭の中では適当な生地をアイロン糊で張り付けたらどーかな?と考えてます
今度実行してみま~す

この記事へのトラックバック