役立つ小物・・・vol.2

役立つ小物の第2編であります、それは・・・ズバリ、『コードロックの応用』です、ちょっと重量のあるものをザックに取り付けたいが、D環が肩ベルトに無い時なんかに使える”手”です・・1眼レフのカメラを持って行った秋山で重宝しました

ズームレンズ付きのカメラは、結構重たいので、
首から下げると、疲れますよね、
でも、ザックのショルダーベルトにつけると楽~・・・

しか~し、ザックにD環が付いていないオスプレーザックは
どうしたらいいか? が、課題でした

でも、上手い方法を思いついて試してみたら、結構イケルんですね..
画像

用意するものは、コレ↓
適当な長さの細引きとコードロック、それに小型のカラビナ
画像
コードロックは、突っ張った時の細引きの長さの調整用、
固定でも構わなければ、付けなくても構いません

オスプレーのKODE30の場合、こんな風に付けます↓
要は、重量を受けるのは細引きで、テンションを掛けてもいいところから、
細引きを延ばして、その先のカラビナに荷物を吊るすっていう訳です
画像
vol.1で使った面ファスナーで、カラビナがぶれるのを抑えます

カメラの場合、1点支えではブラブラするので、
反対側のショルダーハーネスにもちょっと細工をします
細引きの代わりに、ゴムコードとコードロックを使い、
プラスチック製のフックを付けておきます

コードロックは長さの調整用、これでカメラを左右に吊る形で、
ブレも抑えます

勿論、写真を撮るときは、フックだけを外せば、カラビナ側は
そのままでよいので、すばやい撮影が出来ます
画像

この方法を使えば、カメラだけでなく、ペットボトルを吊るすとか、
色々と応用が出来そう・・・

オスプレーに限らず、どんなザックにも使えると思います
因みに、カメラの吊り下げは、春の中アと秋山で実証済みですよ~

→vol.1 『面ファスナー編』へ・・・

→vol.3 『ショルダーベルトに付けるケース編』へ・・・


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック