09-10シーズンは、”K2 BackSide series”が熱いかな・・・

09-10シーズンは、これが熱いかな・・・K2の2009/2010バックカントリー用スキー板のラインアップ”Back/Side series”、この間、b.c.mapで幾つかを見てきました

K2のWEBカタログがUPされていますね。
画像
”BackSide”シリーズについて、詳しくはそちらの2、3ページ目にあります・・・

カタログによると・・・
--------------------------------
K2 が提案するBackSide シリーズ…
それは、大人の遊び心を満たす、贅沢なアドベンチャー体験!
リフトアクセスのゲレンデから一歩踏み出して、
皆が知らない秘密のSIDE-stash(隠れコース) を楽しむ?

それとも、
いつもの仲間とのバックカントリーを楽しもうか?

K2 なら、あなたの遊びに最適なギアが見つかります。
テレマーク派?だとかアルパインツアリング派?といった
安直な質問はもうやめて、もっと真剣に遊ぶ――それが、
K2 の新しいスタイル。

2,000 フィートのコースをゆったり5 ~ 6 回のターンで流すか、
100 回くらいのターンで心ゆくまで満喫するか?
ダウンヒル性能よりもハイク、クライミングでの効率を重視するか、
ダウンヒル性能のためなら多少のギアの重さは良しとするか?
主に短期間のツアリングなのか、長期間のツアリングなのか?

あなたが何を必要としていて、それに応える最良ギアはどれなのか
……Back/Side コレクションでは、アルペンバインディング、
A/T、テレマーク用までお好きなバインディングをつけられます。

ゲレンデスキーヤーからバックカントリーフリーク、はたまた
登山メインの方まで、用途・スタイルを問わずご満足いただける
ラインナップです。
--------------------------------

・・・だそうです。

因みに、
私が気に入ったやつ・・・

Model  Dimensions  Performance Radius  size
BackUp 125/82/110 softsnow40% 19m 160,167, 174 181
              hardsnow60%
これの160cmが樹林帯BCには向いているのではないかと・・・


他にも、ティップロッカー採用ということで、興味があるやつ・・・
Model     Dimensions  Performance Radius  size
COOMBack 135/102/121 softsnow70%  22m 167, 174, 181, 188
                  hardsnow30%
・・・もっとも、これはパウダー専用ですね
   ティップロッカーは、パウダーで凄く良いらしいですよ

この記事へのコメント

2009年07月15日 20:37
ピステパイプ(107/75/97)が極太板だと思ってたのに
今じゃ極々普通というか細い部類ですね。
私はBackOut(114/72/99)がいいかな?と思いますが、今年は板は買ってもらえなさそう。
HAMA
2009年07月15日 22:47
N家たけちゃん、こんばんは
K2は次シーズンのバックカントリー用に力が入っている感じがしました。
BackOut(114/72/99)、BackLite(118/74/83)は、確か1,400g以下で、持った感じも軽くて、ツアー向きな感じがしましたね・・・
先立つモノがあれば、ザックも板も、って・・・でも、きっと自分もガマンになるでしょう
SEI
2009年07月16日 09:56
前シーズンの反省として太板は重くて使い勝手が悪く
ショート板はパウダーの時に走らない(腕が悪いが一番か)・・笑
軽くて160cm位の少し太めの板が・・・なんて考えてます。。。
HAMA
2009年07月16日 21:42
この暑い時期に、敢えてバックカントリーの話題で失礼してます(笑)
年々、ラク(疲れずに楽しめる)を求めてくようになりまして、新しい道具も、まず、そのような視点で知らず知らずに見るようになりました。
”軽くて160cm位の少し太めの板”、同感です・・・
uti
2009年07月17日 08:43
そうです大朝日でテレ話をした者です。雪の上でも結構異常接近をしているのですが、未だ遭遇してませんね。なわけで、テレ関係、COOMBack=Anti Piste ??な感じですね。ユーザーのためのラインナップではなく、経営上の都合のような気がします。旧モデル破格値板物色中。
ちなみに Anti Piste は結構ゲレンデでも使えます。
HAMA
2009年07月18日 18:54
utiさん、こんにちは
そーですね、COOMBack=Anti Pisteな感じ・・・
旧モデルのお買い得狙いは、結構現実味が高いと思います。
そういえば、店員さんは”ゲレンデの非圧雪にいいかもしれません”・・とも云ってましたね。

この記事へのトラックバック