来月(7/22)は皆既日食だ・・・

2009年7月22日、日本国内地域で「皆既日食」が見られます・・・もっとも、皆既日食になるのは奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部などのようですが、他のほとんどの日本の地域でも部分日食を見ることができる・・・と、いうことで、既に皆既日食ツアー計画などが盛り上がっているようです・・・

画像

日本地域で皆既日食が見られるのは46年振り、次回は2035年というから、いかに珍しい現象なのかが判りますね

国立天文台のHPに詳細があります
日食を観測する方法なども載ってます
→国立天文台HP「2009年7月22日 皆既日食の情報」へ

この中に、全国で見られる時間帯などが図解されてます
→今回の日食について

これによると、東日本地域では、
10時前ごろから食が始まり、11時12分頃に最大食となり、12時半頃に終わるようですね
60%から70%位が欠ける部分日食を見られそうです

皆既日食のホンモノを直に見たいものですが、なかなかそうもいかないという人には、
奄美まで行かなくても、各地の地方天文台などのイベントで中継があるようですね

国立天文台のHPでも中継されるでしょう
梅雨が明けた後でしょうから、見られる地域も多いと思います

こんな、滅多に見られない天空ショウ、見なくてはいられませんねー・・・
これは、楽しみだー

ピンホールの観測道具の作り方なども載っていますね、
昔(子供の頃)のように、色付きの下敷きを用意しておきましょうかね・・・



この記事へのコメント

やまとそば
2009年06月15日 23:06
46年ぶり・・・
そんなになりますか~。
怪我~もう完治しましたか?
HAMA
2009年06月15日 23:37
やまとそばさん、こんばんは
ご無沙汰しております
昔、色下敷きをかざして部分日食を見た記憶があります
今回、リアルタイムで見られることをちょっと期待してます

怪我の方・・足はほぼ直りましたが鈍ってしまって鍛え直しですかねぇ・・・
手(指)はダメージ大きかったようで未だに携帯のキーが打てません

この記事へのトラックバック