HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS キャンプはいかが・・・

<<   作成日時 : 2009/05/31 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雨模様ではっきりしない週末だが、かつては雨だろうがキャンプに出掛けていたことを思い出しました。でも、何処かでテントを張り、何をするでもなく、ぼ〜っと昼寝がてらキャンプするのも悪くは無いかも・・・

牧歌的な曲かと思ったら、歌詞(3番)を見てみると結構、ハード系山登りも入っていたりして・・・

”刻むスパイク 峰伝い・・・”とありますが、ビブラムソールが無い頃のナーゲル(鋲靴)のことでしょうか、時代を感じます

”夢にすずらん 香がかおる・・・” そんな夢を見てみたいもんです



【キャンプ小唄】 (昭和6年) 藤山一郎

作詩 島田芳文  作曲 古賀政男

1 山の朝霧 茜の雲が
  そっとなびいて 東雲(しののめ)千里
  鳴くは裾野の 放し駒
  キャンプキャンプで 一日明けた
  明けりゃ朝餉(あさげ)の 舌鼓(したづつみ)


2 空に一刷毛 眉引く雲を
  呼べば答える 山彦木魂
  お花畑は 花ざかり
  キャンプキャンプで 山中(やまなか)暮らし
  胸は溌剌(はつらつ) 気は朗ら


3 ロック・クライミング 高嶺の花を
  たずね尋ねて ピッケルたより
  刻むスパイク 峰伝い
  キャンプキャンプで 深山(みやま)で暮れりゃ
  山の神秘も 身に沁みる


4 赤い夕日が 端山(はやま)に沈みゃ
  ファイア囲んで 話しが弾む
  テント覗くは 嶺の月
  キャンプキャンプで ごろりと寝てりゃ
  夢にすずらん 香がかおる


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
キャンプはいかが・・・ HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる