速報 2009.3.1 会津駒ヶ岳/源六郎沢

3月初日は、会津駒ヶ岳へ・・・ 各地での雪不足にも関わらず、この山域には雪はたっぷり、雪質も上部はなかなか良く、山頂からは無木立大斜面の源六郎沢を途中まで滑りました

----------------------------------------------------------
(2009.3.3) 詳しい山行のレポート と 動画 追加しました ・・・
----------------------------------------------------------

→今日のルート (GPS軌跡をカシミール3Dで地図にプロット)
 標高差 登り/滑降共、1,200m

→IMachさんの動画ブログに、さっそく動画レポートがUPされました

<右奥の山頂から源六郎沢を滑降/クリックで拡大>
画像

山頂の標識は、”会津”と”駒”の字の一部が見えて、その下は雪の中・・・
(標識の全容は、こちら

山頂では、燧ヶ岳方面は見えなかったが、近い周囲の山々は見渡せて、
風もほとんど無く、山頂でのんびりと昼飯を食べました

今日のメンバー:

IMachさん
画像

私(HAMA)
画像

山行のレポート と 動画 追加しました・・・



この記事へのコメント

そいが
2009年03月01日 19:41
お疲れ様です。
滑りやすそうな斜面
駒はまだまだ楽しめそうですね。
駒は人が沢山いるイメージですが、今回はいなかったのでしょうか
roushi
2009年03月01日 20:25
すごくいい感じですね。去年の春に行った記憶が思い出されます。まだうっとうしい虫はあまりいなかったのでしょうか?
IMach
2009年03月01日 22:09
お疲れ様です。
ほぼ無風で、暖かな日でしたね。
大戸沢といい、ここもそうですが、登りにかなり
足を使うので、滑り下りてくる頃にはへろへろです。
HAMA
2009年03月01日 22:26
そいがさん、
駒の山頂直下は、まだまだ良い雪でしたよ、
今回は、我々を含めて2組と単独の方だけで、山頂にはそのうちの2組だけ、と静かな山でした
駒のシーズンになりました。あと何回行くことになるか・・・な
HAMA
2009年03月01日 22:30
roushiさん、
この時期の駒は、雪が深くても固くても難儀しますが、下の方(戻る頃はグサグサ)は兎も角、上の方は適度に楽しめる雪だったので、予てからの懸案の源六郎沢滑降を楽しみました・・・最高の斜面でした
HAMA
2009年03月01日 22:34
IMachさん、
毎度、お疲れ様でした
しっかり登り、しっかり滑った1日でしたね
この時期の駒にしては、上の方は良い条件だったと思います
源六郎沢も楽しめてサイコーの斜面でした
しかし、その後のながーい尾根の次第に悪くなる雪に消耗しました
かなり季節が先行しているのを感じましたね
やまとそば
2009年03月02日 07:29
もう駒に入られているんですね~。
あれだけ道標が見えていると言う事は、やはり雪は少ないのでしょうか?
今時の源六郎沢は最高だと思います。
SEI
2009年03月02日 15:27
いや~ 良い感じの斜面ですね 駒は4月に予定してるのですが、それまで上雪は待っててくれるかな~・・?
穏やかな山頂のくつろぎタイムを楽しめたことと思います
上雪よまっててくれ~~ (^_-)
HAMA
2009年03月02日 22:57
やまとそばさん、
この時期としてはちょっと少なめかもしれませんが、登りにも滑るにも充分なだけ積もってますが、もう、春の雪のようですね。源六郎沢はパウダーではありませんでしたが、フラットで表面だけ薄く柔らかでその下は固く、快適でした。どこまでも滑って行きたい衝動をガマンしました。
HAMA
2009年03月02日 23:01
SEIさん、
長ーい、駒の季節がやって参りました。
ここは、燧ヶ岳が滑れる季節より長いです。
4月になれば、ザラメ雪が楽しめることでしょうね、楽しみです。
私も、何度か行きそうな気がします。

この記事へのトラックバック