速報: 若女平ツアー撤退・・・

2009.1.31速報: 1月最後の週末は、大荒れの天気予報のもと、敢えて天元台から若女平を目指すも、天元台スキー場のリフトは下の1本の運行のみで上の2本は運休で再開メド立たず、ならばシールで登りましょう・・・さて、何処まで行けるか?

→レポート編(天元台-中大巓)をUPしました ('09.2.1)

<湯の平コースの林間をショートカット、極上パウダー>
画像

------------------------------------
白布温泉に着くと雪、覚悟していた風はここでは殆ど無い、しかし、RW駅のアナウンスは無情にも上の2本のリフト運休、それでも、RW上駅まで行き様子を窺うもまさに強風で視界不良、最初のリフト乗り場も見えない、皆さんで相談し、運行しているリフト1本目に乗り、その上はシールで登高することにした・・・
強風で巻きあがった新雪で先が見えない・次第に深くなる雪・リフトが停まっているゲレンデはもはやバックカントリーと同じ、軽いラッセルで何とかリフトTOPに到着。今日の天候では稜線はとんでもない風だろうと想像できる、無理は禁物。
予定時刻より早く登高できたので、まず、カモシカ展望台を目指す。今日は若女平にこだわることなく、カモシカ展望台から中大巓(なかだいてん)を目指す。中大巓ピークが近づくと更に風が強まる、気温が極端に低くないのがまだ幸い、それでも目出し帽していても顔が痛い。・・・
<暴風・吹雪の中大巓ピークで>
画像

しかし、厳しいことだけではありませんでした

運休の、上のリフトのゲレンデには、中大巓から戻る頃にはかなりの新雪が積もり、貸し切り状態のパウダーバーン、
年末年始の寒波の時以来のパウダーです、パウダーバーンは運休のリフトのゲレンデだけではなく、この日の天元台全体、楽しめた。
RW下駅まで下る湯の平コースも、たっぷりの新雪で覆われた林間をショートカット、ちょっとしたパウダー・ツリーラン
を車道合流まで楽しめた。

若女平は、また今度となったが、思いがけず充実して楽しめたパウダーの日だった。

この続きは、また後でレポートします (画像&動画)・・・


駐車場に戻ると、車(プラド)が見当たらない・・・いえいえ、ほぼ半日の間に、新雪が70cmほども積もり、一見、別の車かと思ってしまったのでした(画像)
画像


今日、ご一緒して頂きました皆さん(SEIさん、N家たけちゃん、87ワさん、Mt.Raccoさん、Soigaさん、I町さん)、どうもお疲れ様でした

この記事へのコメント

2009年02月01日 08:46
お疲れ様でした。
久しぶりに冬の吾妻らしい天候でしたね。
下の方の重い雪は足にきました。

しかし最後の最後でスコップを出すことになるとは。
HAMA
2009年02月01日 15:21
N家たけちゃん、お疲れ様でした
リフト運休は想定はしていたものの、残念でした
真冬の吾妻らしい風・雪、予想外のパウダーも楽しめたので、よし、としとかなくては・・・

この記事へのトラックバック