HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて・・気を付けなくてはいけません

<<   作成日時 : 2009/01/06 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

二岐山へ出掛けていた4日、隣の那須岳・三本槍岳で遭難騒ぎがありました・・・

4日の天気は、午前のうち昼頃までは二岐山の山頂稜線も展望が利いていたが、強風で寒かった。
しかし、那須方面はガスで覆われ、二岐山に近い方の甲子山、旭岳(赤崩山)は山頂部が見えたが、その南に繋がる那須連山は雲の中・・・(二岐山レポートの中程に那須方面をバックに山頂から撮影した画像があります)
きっと、そのガスの中を三本槍に向かってマウントジーンズスキー場上部から中ノ大倉尾根を進んだのでしょう。
風で地図を飛ばされ、道迷い状態になり、4日の午後4時頃にマウントジーンズスキー場へ電話を掛けたらしい・・・
翌5日朝に、三本槍の山頂近くで無事に救助されたということで大事に至らずによかったですね。
ガスが出ていて、一面真白の清水平付近では、地図とコンパスが在ったとしても、ルートファインディングに苦労するでしょう・・・
テントと予備の食料を持っていたということで、かなり経験を積んだ方(夫婦)だったそうですから、下手に動き回らず、じっと助けが来るのを待っていたのでしょう。
沈着冷静な判断が無事に繋がった、ということ...

もう1件、那須岳の峰の茶屋付近の谷で滑落遭難がありました。(こちらは、残念ながら、助からず)
2日に出掛けたとしたら、丁度、年初の冬型気圧配置が強い頃、峰の茶屋付近の稜線上は猛烈な強風が吹き荒れていたものと思われます。

那須岳周辺は手軽にアプローチが出来るとはいえ、油断は禁物、天候次第では出掛けるのを止める判断が重要ですね。

二岐山へ出掛けるに当たっては、冬型気圧配置が緩んでくる状況を事前に確認した上で、当日にガスが出ていないことと積雪量を見て、いつもの到達地点(1,400m地点)で状況判断の上で山頂まで行ける、と目指したが、今まで何度か訪れた中で、山頂が踏めたのは今回で2回目、決して無理はしないこと・・・ //

→「HAMA'sのちょっと四方山話」ブログTOP


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
新年から、痛ましい事故が発生したと思います。
道迷いの方はGPSは持たれていた様です。しかし、風で地図を吹き飛ばされ、山頂付近で、リングワンデリングを繰り返された様です。携帯で連絡が取れ、動き回らず、早めにツエルトでビバークされた事が、生還に繋がった様です。
また滑落で命を落とされた方のご冥福を祈るしかありません。
<合掌>
やまとそば
2009/01/07 07:12
やまとそばさん、
考えさせれる出来事でした。
再認識しようと思います、何事も無く山行が出来ことを繰り返すうちに、つい、自分を過信してしまったり、道具を持っているというだけで変な安心感を抱いてしまうことの錯覚をしないよう・・・
なかなか、冷静な判断というのは難しいですが、そういう心掛けは持つようにしようと思います。
HAMA
2009/01/07 20:33
確かに清水平はただ広くて道を見失いがちですね。実は私もスキーをはく前にホワイトアウトで危うい事がありました。
確か今は簡単にはロープウエイに乗せてくれませんが、以前は冬山初心者コースと紹介されてましたから。
赤面の分岐などスリリングな箇所があるんですけどね。
日没間際に下山したことが数回ありますが、暗くならないとなかなかビバーグの決心はできないモノです。そのご夫婦は、かなりベテランですね。
まうんとらっこ
2009/01/08 19:02
まうんとらっこさん、こんばんは
GPSなどで現在地の把握が出来ていても、目的まで予想外に思わぬ時間が掛かることもあるので、しまった!と思う前に、先の行動の読みを常にしながら判断しないと・・と思ってはいるのですが、その辺の見きわめってのはなかなか難しいですね、未だ明るいと思ってビバークを躊躇い、もっと状況が悪くなってしまう、というのがありがちなパターンです。その辺は、経験がモノをいうのでしょうか...
HAMA
2009/01/08 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改めて・・気を付けなくてはいけません HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる