(速報)周回(登山+自転車)/天元台~西吾妻山~西大巓~白布峠~天元台

前々から狙っていた、周回(登山+自転車)コースに出掛けました。
天元台RW下駅を起点に、西吾妻山~~西大巓~白布峠、と山を巡り、その後、白布峠にデポしておいた自転車で西吾妻スカイバレーをダウンヒルして起点に戻るという、ルートです・・・

山の上は紅葉が見頃、色づいた風景を見ながらの稜線歩きはとても気持ちがいいものでした
西大巓東斜面の紅葉
画像


今日のルート(鳥瞰図)です(クリックで拡大)
(Google Earth)
画像


もっと詳しい地図は、こちら

----------------------------------------------------------

前日に寒気が入ったせいで、西吾妻山では積雪があったようで、解けかけた樹氷が残っていました
2cm積雪があったとか...
画像


リンドウです
西大巓付近の稜線に、色鮮やかに咲いていました
画像


西大巓で行程のちょうど半分です
ここで大休止し昼を食べ、再出発します

ここ(西大巓)から白布峠は、樹林帯の中でまったく展望は利きません
おまけに、滑りやすい石がごろごろしていて、緊張します
ずっと下りかと思えばそうではなく、結構、アップダウンがあったりします
2時間弱も時間が掛かり、白布峠に着きました

さて、ここからは、
白布峠に着いた後の第2弾は、自転車で西吾妻スカイバレーをダウンヒルして天元台RWの起点まで戻ります
幸い、交通量はそれほど多くありません
思ったより道路幅が広く、快適です
最高速度は約50km/h、谷底までずっとダウンヒルです

白布温泉とロープウェーの分岐から駐車場まで一登りで本日の周回は無事、終了です

今日の同行者:I町さん(ロードバイク)
画像


HAMA:(MTB)
画像



登山と自転車の両方が楽しめて、吾妻山の紅葉を満喫した一日でした
I町さん、お疲れ様・・・

詳しいレポートは、また、後で・・・UP予定

 『エリア別鳥瞰図』のページへ

この記事へのコメント

SEI
2008年09月29日 08:47
おはようございます
楽しみ方がダイナミックで!
スケールの違いが分かります。。。
冬山で白布峠を回る・・?距離とか地形からすると無理ですかね (>_<)
Mt.Racco
2008年09月29日 09:22
なるほど!その手がありましたか!!

自転車活用というと自動車が通行止めの林道でのアクセスしか思い浮かばなかったです。いわゆるU字山行ですね。勉強になりました。

しかし、ダウンヒルで50km/h超というのはすごい”記録”ですね。
確か、HAMAさんのMTBには比較的太いスリックを履いていると記憶していますので、・・・怖くはなかったですか?(ヘル効果でしょうか?)

余談ですが、I町さんのロードレーサー・・・異常に似合っていますね。
想像を絶するスピードで駆け下りている姿が目に浮かぶようです(笑い)。
HAMA
2008年09月29日 22:11
SEIさん、こんばんは
若女平下りの夏山版、といったところでしょうか
実はスキーではどうか?という目で見つつ歩きました。
しかーし、冬の時期は?・・西大巓から白布峠は木が混んでるのと結構アップダウンがあるのと、白布峠から白布温泉までの地形から雪の状況が?なので、西吾妻小屋から若女平へ下った方がスキーとしては楽しめると思います。
HAMA
2008年09月29日 22:21
Mt.Raccoさん、こんばんは
ゴンドラとリフトの機動力を使って稜線直下まで上り、縦走をした後で自転車でダウンヒル、という典型的なコースでした。
私のMTBのタイヤは、IRCのMETRO II 26×2.0というサイドウォールまでツルンツルンのスリックのヤツなので、太タイヤですがコーナーで車体を倒しこんでも横滑りすることなく安定しているようです。後でGPSのトリップで最高速49.5Km/hという表示が出てました。ヘル無しではとても走れませんねぇ。西吾妻スカイバレーはほとんど斜度一定の下りなので、ブレーキに手を掛けて下りました。ディスクブレーキなので不安定感はなかったですが、時々途中で止まってはブレーキを冷ましつつ、下りました。
I町さんのロードレーサー、正直云って早いですヘル姿は初めての披露のようですが、これからきっと、雪山でもヘル、でしょう・・・
2008年09月29日 23:11
 HAMAさん、こんばんは~。 

 おー、そのパターンは良いですね!。
昔、白布峠に車を置いて縦走して、浄土平から白布峠までタクシーで戻ったら
確か¥18,000もかかりましたから~。(^^;

 それにしても、ダウンヒルは最高に楽しいですね!。
目指すはMTBで80Km/hですが、足が回りませ~ん。(^^;
Mt.Racco
2008年09月29日 23:22
再び、こんばんは。
2.0inというのはスリックとしてはかなり太くて重いタイヤですよね?(私は1.5inにしました。)
しかし、ダウンヒルでは、むしろI(慣性モーメント)が大きくて有利と言うイメージでしょうか?(ただし、グリップが良いという前提で。)

私事ですが、新MTBに付いているVブレーキはスピードが乗っていると確かにちょっと不安な感じはしますね。ま、実用スピードでは問題ないとは思っていますが。
それ以上に、フロントサスの沈み込みがちょっと怖い・・・これは慣れでしょうか?
I町
2008年09月30日 00:21
お疲れ様でした。
今回、初めて登山+自転車をやりましたが、最高でした。
一粒で二度おいしいと言う感じでしょうか。
なんといっても、自転車区間がほとんど下りなので楽しいのです。
余談ですが、非常に安全運転でしたよ。いやマジに。(マジ)
ハマさんにずっとあおられていました。
もっと、こんなルートを開拓していきたいと思いました。
HAMA
2008年09月30日 00:24
ファーマー佐藤さん、こんばんは
以前、佐藤さんブログの60Km/hを見ていたのですが、それには及びませんでしたねぇ...
80km/h云うたら直線下りでガンガン回すイメージですか、考えただけでも・・・・(絶句)です。とても堪え切れません・・・
HAMA
2008年09月30日 00:30
Mt.Raccoさん、太スリックタイヤにカンカンに空気入れています。ので、49.5km/hでもタイヤがよれる感じは無いです。もっと出せるかもしれませんが、怖いので無理でした。フロントサスは、舗装路なのでロックアウト調整を固くしていたので、余り気になりません。ダートではゆるゆるにし無いといけませんけども...
HAMA
2008年09月30日 00:35
I町さん、お疲れ様でした
なかなか、あのパターン(登山+自転車)のルートもいいですね
感覚として、シール登高後に滑降するツアーに似てますねぇ
そーですね、安全運転でした
でも、直線を飛ばした後のブレーキングで体が前に持って行かれそうなのは、慣れの問題なんでしょうか、ブレーキ時の前後バランスが大事と思いました。スキーに似てる?
2008年10月02日 14:46
 HAMAさん、こんにちは~。

 へー、フロントサスの調整って出来るんですね。知りませんでした!。
早速マイMTBをよく見てみると……、付いてきました。(^^;
目一杯固くしたら結構良い感じです。ロードではサスが邪魔だと思って
いたので固定出来れば良いのですが、それは無理みたい…。

 MTBでの最高速度記録は71.3Kmですが、元々ぶっ飛びライダー
だったので、全然物足りません。(笑)
ギア比が高めのロードレーサーなら80Km/hも可能のハズですが、
MTBでは猛烈に足を速く回転させないといけないので、限界を
感じています。(ーー
 それと、フルブレーキ時は腰を思い切り後ろに引くと良いですよ。
特に急な下りではブレーキ時に後輪が浮き気味になるので、効果てきめん
です。

 それにしても、山はもう紅葉が始まっているんですね。
五色沼辺りなんかは最高に綺麗でしょうねー。(^^

 
HAMA
2008年10月03日 07:07
ファーマー佐藤さん、
回す調整だけで固くなるので、結構、重宝ですね
そうですね、ブレーキ時は意識して腰を引いて、前に持ってかれるのを抑えるって訳ですね、今度やってみます。そうしたら、もう少しスピード出せるかも・・・
しかし71.3km/h、多分、私には出せないだろうなぁ・・・
80k出たら、教えてください(笑)
2008年10月03日 17:37
>前に持ってかれるのを抑えるって訳ですね

 というよりも、後輪に加重することによって、後ろブレーキの
効力を増すワケです。さらに、前転することを防ぎます。
ロードレーサーなんかでは、下りで急ブレーキを掛けたら前方宙返り
したという話も聞きますからね。
自転車はバイクと違って車体が軽すぎるので、要注意です。
HAMA
2008年10月04日 20:12
>後輪に加重することによって、後ろブレーキの効力を増すワケです
なるほど(トン、と膝を叩く)、後輪に加重・後ろブレーキの効力増ですか・・・
そう云われるとよーくわかります、段々、イメージ出来てきました
今度、意識してやってみます

この記事へのトラックバック