もうちょっと早ければ・・・

信濃毎日新聞のwebページに、8月21日付で掲載された記事 ”槍ヶ岳山荘の雷警報器” というのがあった


その記事によると、槍ケ岳山荘では、「襲雷警報器」の設置がある、とのこと。
知らんかった!

画像をクリックすると、信濃毎日新聞のページへジャンプします
画像

URLは →こちら

槍の穂先に登った日は、途中で雷雲の中に入って髪の毛が逆立ったが、その時に、小屋からスピーカーで「雷雲接近しているので穂先に登らないように」とアナウンスしていた覚えがある。

30キロ以内に接近」の第1注意報、「10キロ以内に接近」の第2注意報、「5キロ以内に接近」の落雷警報-の3段階でそれぞれ異なる警報音が鳴る、ということだが、翌日に大喰岳へ向けて出発する際には警報は鳴っていなかったような・・・

鳴っていたが気がつかなかったのかもしれないし・・・

いずれにしても、、「襲雷警報器」が設置されているということを覚えておこう

この記事へのコメント

SEI
2008年08月27日 13:51
HAMAさんこんにちは

>3段階でそれぞれ異なる警報音が鳴る
そうですか、何処にでも在る装置ではないようですが気にとめて起きます
群馬の白毛門に行ったときに雷に追われて怖い思いをしたことを思い出しました。
HAMA
2008年08月27日 22:14
SEIさん、こういう情報は事前によく調べておかないといけない、と反省しました
発電機を回している小屋には滅多に泊らないんですが、ハイテク機器が揃っているようです
飯とオカズがイイだけではない、ということでした(^^)

この記事へのトラックバック