HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS <レポート編>半日周回/日光白根山〜金精峠〜MTB戻

<<   作成日時 : 2008/07/13 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

菅沼登山口を起点に、日光白根山−前白根山−五色山−金精山−金精峠−MTBで起点(菅沼)戻り を周回しました

・・・速報版からの続きです
登山を楽しんだ後、自転車(下り)で起点に戻る、という周回コースに行ってきました
   (五色山から見下ろした五色沼)
画像


−−−−−−−−−−
→今日のルート(GPS軌跡/標高グラフ) (カシミール3Dで作成)
こうして、地図にプロットしてルートと標高グラフを見比べてみると面白いですね
・2008年7月12日(土)
・天気: ガス
・メンバー: 単独
・行程: 菅沼6:05−弥陀ヶ池7:20−日光白根山8:18−避難小屋9:00−前白根山9:36−五色山10:00−金精山10:50−金精峠道路11:35−(MTB)−菅沼戻り11:56

朝6時発、戻りは12時ちょっと前で、半日で周回出来て、変化があって楽しめるこのコースはお勧め!
−−−−−−−−−−

今日のテーマは、
1.ミニマム・パッキング ・・・14Lのザックに、必要最小限の持ち物だけをパック
       (2Lの水筒+ハイドレーション・ツェルト・ダウンベスト・雨具(上だけ)・行動食・GPS)
2.ダブル・ストック ・・・スキーポールに、小リング+石突キャップを着けて登山用に
3.下山口から起点まで自転車で移動 ・・・金精峠トンネル(日光側)にMTBをデポ、
       下山後に群馬県側の菅沼登山口までダウンヒル

画像


天気予報は不安定を告げていたので、なるべく早出して、午前中に戻って来るつもりで菅沼登山口からスタート

尾根筋まで急登をこなすと、一旦、展望が開ける
画像


再び、急登が始まる。次第に、ガスの中へ
画像


一汗かいた頃、弥陀ヶ池に着く。風も強くなってきた
弥陀ヶ池からいつもなら山頂ドームが聳えるのが見えるのだが、何にも見えない
画像


ここで息を整え、一気に山頂へ向かう。前も後ろも誰も居ない・来ない
山頂には誰かいるだろうか、1人で出発。
風の斜面に咲くチングルマ、ちょっと元気が戻る
画像


ガスの中に、時々現れる高山植物/これはアカモノ
画像


イワカガミもある
画像


日光白根山山頂(2,578m)に到着、先行者が一人いた
晴れていたら日光方面の展望がいいのに、残念
画像


風とガスでは長居は無用、行動食のパンを食べて、早々に五色沼の避難小屋方面へ下ることにする
途中の斜面に、ミヤマキンバイ
画像


五色沼避難小屋(2,240m)付近の道標、この辺りまで下れば、ガスも少し薄くなる
画像


避難小屋の横の登山道を、再び前白根山へ登り返す
標高差140m、30分位とみて、尾根まで早足で行く
尾根に出ると、奥日光方面の展望、中禅寺湖が見える
画像


前白根山山頂(2,373m)、日光白根山に負けない位、風が強い
残念ながら、ここもガスの中
画像


前白根山からはアップダウンを繰り返しながら五色山へ
左下には五色沼があるので、外輪山を歩いている感じか
五色山で、一瞬、下の五色沼全体が見渡せた
天気が良ければ、日光白根本峰を背景に五色沼がいいのだが...
画像


五色山から金精峠へ向かう北斜面の一部には残雪があった
五色山からは尾根筋に付けられた登山道を金精山、金精峠へ向かう
途中、右下には日光湯元スキー場のゲレンデが見える。
この笹斜面は一見、気持ち良さそうだが、真冬に日光湯元スキー場のゲレンデから見上げると、喉状になっていて雪崩の巣のようだ、木が生えていない訳だ
画像


金精山を越える手前からは、はるか下に金精道路が見下ろせる
画像


金精山は群馬県側に巻く形で越えるが、一部、ハシゴ・虎ロープの急斜面がある。
再び、尾根筋に戻るともうすぐ金精峠、その手前に満開のベニサラサドウダン
画像


シャクナゲも
画像


金精峠からは、湯ノ湖を手前に男体山が正面に
画像


金精道路まで降りたら、デポしておいたMTBでトンネルをくぐって、群馬側の菅沼登山口までのMTBダウンヒル、思っていたとおり、面白いです
6時からの山歩きの疲れがどこかに行ってしまいます
ただ、車が多いので気を使います
画像



登山と自転車を使った周回コース、他にもいろいろ計画できそうです。

 ・・・完

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
MTBでの下りは楽しそうですが、前半の登りはハードですね。
登りはリフトで下りは自転車なんて、ラクチンなことが出来ないか考えてしまいます。
N家もMTB2台体制になったので、猪苗代湖でベースキャンプ張って家族で湖1周なんてのをやってみようかと考えているところです。

尾瀬の帽子の件、はるぞうのものだと思います。ありがとうございます。
温泉小屋の手前でザックに挿して歩き始めたのですが、渋沢温泉との分岐で休憩した時に無いことに気付きました。
N家(たけ)
URL
2008/07/14 13:24
独り身の早業なんでしょうか (*^_^*)
素晴らしい行動力で・・・す。
MTBを使うことによって行動範囲が広くなりますね
色んな山の楽しみ方を教えていただきました。
ではでは^^;
SEI
2008/07/14 16:57
たけちゃん、こんばんは
>登りはリフトで下りは自転車・・・
探せばラクちんコースがあるかもしれませんね、実はそういう処を探そうと思ってたところです(笑)
2台のMTBをキャンプ場まで持ってく方法も考えないといけませんねぇ、大きな車だと車内に入るでしょうが、私の車は車輪外しても1台しか入りません。屋根の上か、リアキャリアに積むのが現実的なんでしょうね。

はるぞクンの帽子、いやはや奇遇ですねぇ、会社の山好きの方が、偶然にも持ち帰ったそうなので、後で送りますね
HAMA
2008/07/14 21:37
SEIさん、こんばんは
山登りと自転車の組合わせ、何度も行ったことがある処も、違った新鮮な感じで楽しめます
今度は、福島県方面を模索しようか、と...
HAMA
2008/07/14 21:48
土曜日の日光はガスが湧いていたのですね。でも速攻で奥白根山を落としたスピードにはビックリしました。
MTBを利用すると山登りの幅が広がりますね。
私も六十里越えにMTB(もどき)をデポして、浅草岳〜鬼ヶ面山を縦走しようと考えていたところでした。
sone
URL
2008/07/15 19:53
soneさん、こんばんは
背負う重さと歩く速さは反比例することを実感しました
夏場は思い切って軽身にできますが、水だけは減らせません・・・

田子倉-浅草岳-鬼ヶ面山-六十里越えの周回も、面白そうですね
HAMA
2008/07/15 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
<レポート編>半日周回/日光白根山〜金精峠〜MTB戻 HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる