HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008.6.7 会津駒ヶ岳レポート(詳細)

<<   作成日時 : 2008/06/08 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

梅雨の合間の晴間をついてのスキー山行、会津駒ヶ岳へ行って来ました。その詳しいレポートです。 (→今日のルート)

もう、6月半ばなので、燧ヶ岳をはじめ、周囲の山は大分と雪が減りましたが、会津駒は未だたっぷり、滑りの方も楽しめ、天気も良くて、よい〆が出来ました。
画像


−−−−−−−−−−
→今日のルート(GPS軌跡)
・天気: 
・メンバー: I町さん(細ウロコ板/革靴)、roushiさん(フラット板/プラ靴)、HAMA(ウロコ板/プラ靴)
・行程: 桧枝岐/滝沢登山口6:30−(夏道を板を担ぐ)−標高1,730m地点−(ステップ/シール登高)−会津駒ヶ岳山頂(2,132m)9:45/10:10−(滑降)−御神楽沢源頭(1,960m)10:40−(ステップ/担ぎ登高)−会津駒ヶ岳山頂(小休止)11:40/12:00−(滑降)−標高1,730m地点−(夏道を板を担ぐ)−登山口14:00

12月15日 追伸・・
YOUTUBEに動画を追加しました




−−−−−−−−−−

今回の新兵器は、I町さんが持ってきたハイビジョンカメラ、TG1です
このサイズでハイビジョン撮影が出来るとは・・・ビックリ!
今回は、このカメラが撮影のメインになっています(注・レポートはハイビジョン映像ではありませんが・・)
画像


もうひとつのトピックスは、この細板(BD PolarStar)と革靴、I町さんは、これでテレマーク復帰?でしょうか・・・
画像


青い空と新緑とタムシバ、そうです、この辺りは未だ”春”なんです・・・
画像


青空と残雪と新緑の組合せも、気分を盛り上げてくれます
画像


やっと雪が出てきました、そろそろ板を履こうかな・・
画像


やがて、右手に大戸沢岳が見えてきます。爽やかな青空です。
画像


前方が開けて、山頂が見えてきました。あまり解け進んでいない感じです。
それを見ると、それまでの疲れが消えていきます・・・
画像


森林限界を超えて周りの木立が無くなり、白い斜面を進んでいきます。
画像


山頂から振り返ると、駒ノ小屋はすっかり姿を現しています。
燧ヶ岳もすっきり見えています。
画像


5月に滑った燧ヶ岳、上部の雪渓はすっかり細くなってしまいました。
画像


駒の山頂です。登山者がスキーの板を見てビックリしていました。
画像


駒の山頂の北側にあたる中門岳方面は、未だ未だ雪があります。
今回滑る予定の尾根(中ほどのピークから谷へ派生)を確認します。
木立が無く、一定の角度で谷へ落ちているようです、楽しみです。
画像


小ピークから尾根を降ります。(細/革テレマークで滑るI町さん)
画像


中腹あたりは、まるで月山のよう(木が無い)です。(フラット板で滑るroushiさん)
画像


フラットでザラメの滑りやすい雪でした。
画像


滑って降りた分、登り返します。約1時間位でしょうか。
画像


山頂裏側を楽しんだ後は、山頂まで再び戻り、今度は表側の沢源頭を滑ってから登山道沿いに下山に向かいます。
画像


下るにつれて、雪が繋がっているものの、ガタガタで滑りにくい斜面です。この辺りはもう、滑るのは難しくなってきています。
画像


雪が途切れた処で、再び板を担いで、夏道を降ります。
ヤマツツジとタムシバの紅白コンビが、時々目を和ませてくれます。
画像


無事に、滝沢登山口まで戻り、丁度14:00時。
ひうちの湯で汗を流した後、丸屋で蕎麦を楽しみ、帰路につきました。
画像


終始、晴れていたのは幸いでした。
丸屋で蕎麦を楽しんでいる最中、雨が降ってきましたが、早めの行動で濡れることも無く済みました。
恐らく、今年のスキーはこれで〆、また来年、テレマーク山旅を楽しみましょう、どうも、お疲れ様・・・・

→roushiさんのブログへ(リンク)

・・・・さあ、これからは夏山シーズンです・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、お疲れ様でした。
久しぶりに物置の奥から引っ張り出したテレでしたが、やっぱ細板は軽いので担ぎが多いときには楽でした。しかし、滑りは...。
でも、北側の雪は滑りやすいざら目で良かったです。パウダーシーズンのテレ再挑戦は、まず無いと思いますが、初夏の山のために、細板は大切に使っていこうと思います。
ビデオは、かなり撮ったのですが、編集がまったくできないので、今度、ラッコ先生に教えてもらおうと思ってます。では、また。
I町
2008/06/08 22:26
お疲れ様でした
いやぁ、見る限り安定したテレマークでした、また、担ぎがある時は、荷が軽いと疲れ方が違いますね、細・革の威力発揮です

TG1の映像データ(MPEG2)ですが、手持ちの無料ソフトではそのままではカット&繋ぎ編集が出来ないので、一旦、MPEG1データに変換してから編集しましたが、アスペクトが4:3になり、画面が縦長になってしまいました・・また、オリジナル画質が良いにもかかわらず、ビットレートを誤ったようで荒くて見難いので、今度は、キチンとワイドで画質劣化を抑えるように考えて見ます・・・無料ソフトの限界か・・・
HAMA
2008/06/08 23:13
三度目の駒。。
楽しく滑る動画も拝見させていただきました
雪は未だ滑れる程度在るのですね

4ヶ月後は○沼で初滑り・・・?
早く雪が降りませんかね  (笑)
SEI
2008/06/09 16:15
SEIさん、こんばんは
凝りもせず呆れてしまいます(笑)が、未だ楽しめそうです(が、もう、止めにしときます・・・)

遅ればせながら、季節を取り戻して、夏季も楽しんでいきまーす
HAMA
2008/06/10 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008.6.7 会津駒ヶ岳レポート(詳細) HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる