HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾瀬アヤメ平へ<その2>(鳩待〜アヤメ平〜富士見編)

<<   作成日時 : 2008/06/29 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

続編(その2)・・鳩待峠〜アヤメ平〜富士見峠まで。 更に、この後、”その3”へ続きます。

アヤメ平の花たちの様子を楽しみに、鳩待峠から入ります。
画像

今年も、咲いて待っていてくれました。 (→画像拡大) 横田代のタテヤマリンドウ

-----------------------------------
→今日のルート(GPS軌跡)
・2008年6月28日(土)
・天気: 
・メンバー: HAMA's(私、カミサン)
・行程: 鳩待峠7:07−横田代8:25/8:50−アヤメ平9:20/9:25−富士見小屋9:40/9:55−竜宮十字路11:35/1255−山ノ鼻14:15/14:30−鳩待峠15:20 /総歩行距離18.1km
-----------------------------------

(・・・”その1”からの続きです)

早朝の乗合バスで鳩待峠へ..殆どの人が山ノ鼻へと向かう中、アヤメ平への登山道に入ります。
画像


鳩待峠からアヤメ平までは標高差360m位あります。ゆるゆる登りなので、気分的にラクですが、横田代までしばらく展望はきかない樹林の中を進みます。こんな時、鳥の声が気を紛らせてくれます。
画像


エンレイソウです。未だちょっと早いようです。
画像


やがて横田代に着きます。その名のとおり、傾いた湿原になっています。
あまり咲いていないようですが、どうでしょうか。
画像


はじめに歩みが止まったのは、タテヤマリンドウです。
画像

特に、この横田代のタテヤマリンドウは色が濃く、際立っていますね。
画像


ヒメシャクナゲです。小指の先にも満たない小さな花です。
画像


チングルマも所々で群落になっています。横田代のは大輪で中の黄色の部分も大きいですね。
画像


コイワカガミです。見栄えのする花弁ですね。
画像


横田代を見渡します。こことアヤメ平のいい所は、山の上なので木道の先が地平線となり空へと繋がっていて、開放的なことでしょうか。
画像


ヤマツツジも咲いています。他の花たちが小ぶりなので、ここではツツジはいちばん大輪です。
画像


湿原の木道の先が地平線になって、空へと繋がっている、この感じがとても気に入っています。
ありそうでなかなか他には無い、ここならではの風景です。いつまでものんびりしたい気分になります。
画像


ショウジョウバカマもありました。
画像


かつてのアヤメ平の荒廃を伝える看板です。湿原の回復ぶりを見る限り、昔の面影はもう殆どありません。ここまでの回復に尽力された先人の方に頭が下がります。
画像


アヤメ平のてっぺん付近の池塘に青い空を映した・・(つもり..)
画像


雲が掛かっていた燧ヶ岳の頭が見えてきました。端正な双耳峰でいい山ですね。
画像


アヤメ平から笹の斜面を富士見峠へ向かいます。アヤメ平が山の上であることが右の斜面の様子から実感できます。
画像


竜宮十字路への分岐を一旦通り過ぎて、富士見小屋へ。
ここには快適なバイオトイレが設置してあります。
ちょっとの休憩後、再び、分岐まで戻り、ここからは竜宮まで長い下りになります。
画像


・・・”その3”へ続きます・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
尾瀬アヤメ平へ<その2>(鳩待〜アヤメ平〜富士見編) HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる