GARMIN GPSニューカマー・・

GARMINから、また新しいハンディGPSが出ました、”COLORADO”です

米国では既に出ているので、これは日本語版”COLORADO”です
画像


では、いつも(!)のように、チェック・・・・
発売元のいいよねっとによると、
・サイズ・重さ ・・・大きさ的には、GPSmap60CSxと同じ位でしょうか、
            212g(電池込)、GPSmap60CSxは213g、
            Legend Cxは165g

・電池 ・・・・・・・・単3電池2本、致命的なのは持続時間が公称10時間
           (標準モード)ということ・・・
           省電力モードの記載がないですが、多機能であるだけに、
           省電力モードの時間は期待できないでしょう
           10時間はいけません、短すぎ・・・
           途中で電池が無くなったら、遭難につながります
           GPSmap60CSxは、18時間(標準)、30時間(省電力)、
           私が使っているLegend Cxは、34時間(省電力)

・画面 ・・・・・・・・画像から判るようにかなり大きい半透過型液晶ディスプレイ
           4.0cm x 6.5cm 240*400 ピクセル
           因みに、GPSmap60CSxは、
           3.8cm x 5.6cm 160*240 ピクセル、 
           Legend Cxは、3.3cm x 4.3cm , 176 x 220ピクセル

・機能 ・・・・・・・・ワイヤレス通信でCOLORADO間で
           ポイント・ルート・軌跡・ジオキャッシュの各データ交換が
           できるそうです。その他、イメージビューアーや、
           3D地図表示(TOPO10Mも)できる

・価格 ・・・・・・・・標準小売価格: 126,000円(税込)

・総合 ・・・・・・・・このリリースを見る限りでは、ハンディ寄りに作ったPNDという感じですね、積極的に持ち出して使う山岳・スキー用途向きではなく、道路地図も使えて持ち出しても使えるという、どちらかというと旅行用かも。バイクとか自転車には、画面も大きくていいかもしれません、車にも、PNDのnuvi360と同じ機能があるとしたら使えるでしょう。ただ、この値段は随分高いですね。2万円台でメモリーナビが買えるのに12万円以上というのは・・・
カーナビ用途なら、もっと画面のでかいカー専用の方が安く出ているので、ちょっとこれの位置付けが不明です。
ハンディ使用メイン、ならここまでのSPECのは要らないでしょう。
岳人誌の広告には、ザックのショルダーストラップに付けている写真が出ていましたが、果たして・・・・?

・・・ということで、せめて、価格がLegend Cx並みであれば、まだいいんでしょうが、強気のGARMIN(というか日本代理店)、世の日本語版PNDが2万円台からあるのに、英語版eTrexに比べて日本語地図表示のeTrexの高いこと、なぜあんな(6万以上する)に高い? Legend Cxが高いから、このCOLORADOはもっと高く(12万以上)しても、いいってことかぃ?(プンプン・・) 

・・・ということで、現物を見る前に、興味が無くなりました




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック