HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS EDIUS PRO 8

<<   作成日時 : 2015/08/02 11:19   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015年8月2日 ビデオ編集ソフト「EDIUS PRO 8」を手に入れました・・・

画像

EDIUS PRO 8
http://www.ediusworld.com/jp/edius/edius_pro8/index.html

今まで使っていたビデオ編集ソフトはEDIUS neo 3.5、
EDIUS PRO 8はそれのプロ用バージョンの最新版ということになる。

使用感は、同じメーカー(グラスバレー)でほぼ同等なので、
ストレスなく置き換え終了。

もっとも、購入した訳ではなく、「EDIUS Pro 8 無償DLキャンペーン」を
利用してダウンロード入手した訳で。
http://www.ediusworld.com/jp/c100/

このキャンペーンは、期間内にキヤノンの業務用ビデオカメラの
購入者を対象に無償DLができるというもので、先日、ビデオカメラを
XA20からXF205に置き換えたのと併せて、編集ソフトもグレードアップを
図ったというもの。

XF205 CANON
画像

XA20もいい仕事をしてくれたが、いかんせん、マニュアル操作が
液晶タッチパネル主体であるため、ダイレクトな設定変更に手間が
かかることと、XF205の3連リング(フォーカス ズーム アイリス)の
ダイレクトな操作感とボタン/スイッチによる直接操作にはかなわず、
置き換えました。
(両方を所有するほどの財力は無いため、下取り・・・)

XF205の光学系とエンジン(DIGIC DV4)はXA20と同じのため、
基本画質は変わらないはずだが、画作りの設定が非常に
詳細にできるため、例えば、室内照明下で衣装に露出を
合わせた時に顔が白飛びする場面など、XA20では撮影中の
対処はほぼできない状態であったものが、XF205ではアイリスの
変更はリングを調整すれば済む。

それだけではなく、ワイドDR(ダイナミックレンジ)のガンマ補正
プリセットが幾つか設定できるので、照明条件などが予め判っている
場合、撮影中のその場対応の露出補正ではなくて露出の
ダイナミックレンジを事前に拡げておいて、編集時に画作りコレクト
して最良の仕上げにすることもできる。

早い話が、
良い画を撮るための道具(カメラ)と、それを仕上げる道具(編集ソフト)
の両方をグレードアップしたことで、より良い仕事ができる環境が
整ったということかな。
(カメラマンの腕は、もう、練習して自分で上げるしかないが・・・)

因みに、
EDIUS PRO 8は、4K編集にも対応していますが、
4Kカメラで撮影した映像の編集はハードルが高いのと、
耐えうる機材(PC環境、等)が無い自分の環境では、
そこまでの実力も、ニーズもまだ無く、当面はBlu-rayやDVDの出力まで
で充分なので、4Kは未だ未だ先・・・

ということで、XF205は、ハイビジョンカメラですが4Kには対応していません。

試しに、
EDIUS PRO 8のディスクバーナーで、ハイビジョン撮影映像データから
DVD Videoを作成したら、EDIUS neo 3.5で作成するDVD Videoより
格段の画質UPに仕上がっていたのは気のせいでは無く、
EDIUS PRO 8は、DVDオーサリング品質も向上した?と
いうことでしょうか・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Thanks for sharing your thoughts on rfIBe.

Regards
Louie
URL
2017/09/19 23:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
EDIUS PRO 8 HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる