HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日、発表のソニーの新型ハンディカムについて・・・

<<   作成日時 : 2012/01/11 23:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

新モデル「CX-720V」というのが発表されましたが、スペックUPで驚いた点よりも、ガッカリしたことの方が多くて・・・

録鉄動画で活躍してもらっている愛用のモデルは、ちょうど1年前の2011年モデルで「CX-700V」ですが、今回発表になった2012年モデルは「CX-720V」、その名前からしてマイナーチェンジかな? と思わせるような内容でした。

新モデルCX-720V
画像

現行モデルCX-700V
画像


◆ビューファインダーの廃止・・・これは、一番、残念

CX-700Vでは付いていて、例えば、ホールでの発表会ノ撮影などで周囲に迷惑にならないように撮影する時に、ビューファインダーは必須と思いますが、何故か、今回は廃止になってしまった
これで、ソニーのホーム用ビデオカメラではビューファインダー付きのものは無くなってしまった

同時発表のプロジェクタ内蔵モデル(HDR-PJ760V)というのが最上位に位置された機種で、こちらにはビューファインダーがあるようだ。
しかし、何故にプロジェクター付に? 理解できませんね、ビューファインダーが欲しいユーザーは、撮影にこだわる人だと思うのだが、そんなユーザーは、おもちゃみたいなプロジェクタは欲しがりません・・・

ちゃんとしたビューファインダーでちゃんと撮る人は、HXR-NX70Jのような業務用NXCAMを使用するように、っていうことですかね?

むしろ、個人的には、防滴使用のNX70Jの廉価版を出して欲しかった


◆最低被写体照度が、より低くなった

暗い所に強い(ノイズが少ない)ハンディカムが、より低照度に強くなったようだ
CX-720V・・・スタンダード時:6lux(シャッタースピード1/60秒)
CX-700V・・・スタンダード時:11lux(シャッタースピード1/60秒)


◆手ブレ補正機能が、700V比で13倍(スタンダード補正)

特に、ズーム望遠域での手振れ補正が強力になったようだ
空間光学方式とはどんなものか、試してみたい
CX-720V・・・光学式(空間光学方式, アクティブモード搭載)
CX-700V・・・光学式(アクティブレンズ方式、アクティブモード搭載)


◆ズーム倍率が、より高くなった 但し、エクステンデッドモード時

高画質レンズと画像処理の高画質化の採用で、エクステンデッドモードでも実用で17倍まで可能になったてことでしょうか
CX-720V・・・光学10倍(デジタル120倍)、エクステンデッド17倍
CX-700V・・・光学10倍(デジタル120倍)、エクステンデッド14倍


◆内蔵メモリ容量

何故か、容量が減っている・・・スペックダウンですね
CX-720V・・・64GB
CX-700V・・・96GB
因みに、愛用のCX-700Vのメモリは、使い始めてから未だフルになってません
(多分)普通に使っていたら96GBも要らないんじゃないか、という調査結果から減らしたとか...


◆サイズ、質量

ビューファインダーを廃止したのに、何故か、重くなっていますが...
どうも、その理由は、空間光学方式,手振れ補正の機構が重くしている様子
その効果に見合う重量増なら許せるかもしれないが、150g以上も重量増しが許せるか?

CX-720V・・・外形寸法:幅×高さ×奥行(付属バッテリー装着時)
       本体質量 約540g
CX-700V・・・外形寸法:幅×高さ×奥行(付属バッテリー装着時)
       本体質量 約395g


◆その他、記録モードや音声スペック、マニュアル撮影の内容などは、ほぼ同等


●率直な感想・・・

今使っているCX-700Vを置き換えたくなるような、魅力的なスペックは無いですね
ビューファインダー廃止は、致命的
撮影画質に期待したいが、同じCMOSだろうから、あまり差は無いかも

今回のソニーのハンディカムは、はっきり云って、俗っぽい「何でもアリ」になり下がってしまったような・・・

むしろ、パナソニックやキヤノンのハイスペックモデルの方に、ワクワクを期待・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわI

早速カタログをゲットして少し見てみましたが

鉄道を動画撮影する方にとって前機種からの違いはなさそうなのでインパクト薄い気がしました


ユウぱぱ
2012/01/14 12:37
ユウぱぱさん、こんばんは
発売は3月なのに、もうカタログが出来ているんだすね。
発表によると、空間光学式手振れ補正が目玉機能のようですが、鉄道動画では普通は三脚使うし、場合によってはアクティブモードをオフにして撮る時もあるので、この点はあまり優位差はかんじられないですね。
今度の新型ハンディカムは、HC1やCX700Vより魅力的とは感じられなかったです。
HAMA
2012/01/14 18:25
そうですね
そもそも鉄道を動画撮影しようと思ったら三脚に載せるので手プレ補正の良し悪しは関係ないですね


光学ズームで20倍は無理でも15倍ぐらいの望遠が欲しかったですね
ユウぱぱ
2012/01/16 11:47
ユウぱぱさん、こんにちは
そうですよね、今度の空間光学式手振れ補正は望遠で効果が著しいそうなので、望遠側の倍率アップしたらもっと魅力的だったと思いますが、ちょっと。早くも、750V?次のモデルの方が気になってしまいます・・
HAMA
2012/01/17 08:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日、発表のソニーの新型ハンディカムについて・・・ HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる