HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 涸沢カール

<<   作成日時 : 2010/08/31 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

涸沢カール、今回はスルーしてしまったが、今度また、ゆっくりと泊まってみたいところだ、勿論、テントで... 2010.9.4動画を追加しました

YouTube動画



涸沢から見上げる稜線、
向かって左は奥穂高岳方面、右は涸沢岳、
ちょうど真ん中を突き上げる色の濃い緑がザイテングラート、
そこを、中央の白出のコル(穂高岳山荘)まで登ります
画像

夏のこの時期、日差しは結構強いが、
なんといっても風が心地良い

こんなところで一日中、のんびり昼寝したり、写真撮ったり、
ビール飲んでゆっくりしたりすることを目的に、再訪するのも、
いいかもしれません・・・

忘れてました、5月連休に板を持ってきてスキーするのもよし...





涸沢テント村の様子、
土曜(8/28)の朝なので、この後にもっと増えたことだろう
画像

中央左に見えているのは涸沢小屋、

中央の北穂沢を挟んで北穂南稜と東稜が突き上げている

南稜は一般ルートとはいえ、切り立った岩稜なので、注意が必要だ
(翌29日に南稜で転落事故があり、山岳写真家の方が亡くなった)
(ご冥福をお祈りします)





ちょうど、涸沢では”山と渓谷”主催による”カラ・フェス”が催されているようだった
画像

エントリー用紙は出したものの、どうもこういうのは苦手なので、
行きも帰りもスルーして、眺めただけ・・・

メーカーブースのテントが設営されていたり、様々なイベントやエコツアー、
山小屋では特別メニューの食べ物などが用意されていたみたい


稜線上の白出コルのテント場からも、カール底のフェスの様子は見下ろせて、
時折、歓声が上がるのが聞こえたりした



そういえば、
白出コルの穂高岳山荘でも、カラ・フェスのイベントとして、
宵の20分間に”キャンドル・ナイト”が行われていた
(山荘の発電機を電灯を消して、代わりにキャンドルを灯すというもの)

此方はテントなので、初めからキャンドルみたいなものだが、
ちょうど雨も上がり、その時はヘッデンを消して、
月夜に照らされる山稜を眺めて、ラジオを聴いていた

気がつくと、周りのテントも、皆、明かりが消えていた
          :
          :

(・・・続く)

-----------------------------------------------

ちょうど、カラ・フェスのタイミングだっためか、天気が良かったためか、
28日の土曜日に涸沢を目指して登る人の多いこと...
やはり、人気の北アルプスなのでしょう・・・

-----------------------------------------------


→ 「速報 穂高から戻りました・・・」の記事へ・・・

→ 「天空のテント場/白出コル」の記事へ・・・

→ 「奥穂高岳の山頂で」の記事へ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ〜これがかの有名な涸沢カールですか。
石ゴロゴロなんですね。
紅葉シーズンにはテントが600張りあるなんて噂を聞きましたが、こんなにおっきな石が転がってたらテント張る場所に困りそうですね。
N家(たけ)
URL
2010/08/31 19:46
 おおおっ!!、涸沢のテント村って凄いですねー。(@@
喧噪が嫌いなので行こうと思ったことはありませんが、
紅葉時の写真とか見ると惹かれるものがあります。
山仲間が若い頃に、そこで乞食もどきをしていた話は
聞いていますが、今もいるんでしょうか…?。

 ま、私としては、老いてから行くのも良いかなー、
等と思っていますが。(^^;
ファーマー佐藤
URL
2010/08/31 21:58
N家たけちゃん、混み合う時期は、ちょっとした村より人口が多いかもしれません。
テントスペースは、比較的に平らに整備されているみたいですね。
HAMA
2010/08/31 22:18
ファーマー佐藤さん、混み合う時期は避けたいと思いましたね。
話を聞くと、涸沢の紅葉の見頃は、1週間もない位だそう・・集中するのも尤もかもしれません。

涸沢は、北アの一等地のせい?か、こざっぱりしたナリの登山者ばかりのようでしたが、中には、「本当に登るんかい?」って感じの輩や、巷で話題の山○○○達が沢山いました。まあ、人それぞれでいいんですけど..

ヘロヘロになっても、やはりスルーして白出コルまで上がって正解だった、と思ってます。
HAMA
2010/08/31 22:30
涸沢は本当に素敵なところなんでしょうが、普通の勤め人が泊まれる時は常に混雑しているのがつらいところですね。
GWしか泊まったことないですけど、同じくらい混んでましたよ!!
けど、真っ赤なナナカマドを見てみたい気もする・・・・・

GWの時は奥穂からザイテンの下りをずっと尻セードしたら、ニッカボッカに穴があいてしまいました。。。
S亭(つ)
2010/08/31 23:05
S亭(つ)さん、涸沢まで往復だけと決めれたなら、前夜行・1泊2日で行って来れるでしょうが、それだけでは勿体ないですよね・・
ザイテンの長大滑り台では、尻穴空くでしょう、やっぱり、板持って行かないと!
HAMA
2010/09/01 07:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
涸沢カール HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる