HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年8月23日 裏磐梯/デコ平-百貫清水-布滝-早稲沢->自転車で戻り

<<   作成日時 : 2009/08/24 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

裏磐梯の西ダイテン山腹をトレッキングして、自転車で戻る半周回コースに行ってきました。グランデコ-デコ平-百貫清水-布滝-早稲沢口---->デポしておいた自転車でビジターセンターへ桧原湖畔を戻る・・・

画像

-----------------------------------

●同行者: カミサン、私
●ルート: 早稲沢口へ自転車デポ、ビジターセンターへ駐車、グランデコへタクシーで移動、ゴンドラリフトでTOPへ、デコ平、百貫清水(茶点)、布滝(昼食)、早稲沢口へ下山、自転車でビジターセンターへ戻り
画像
 →今日のルート(地図)

-----------------------------------
先週の大日ヶ岳が、ちょうど西ダイテンのバックカントリーに似ていたことから、今度は、冬に通いなれたデコ周辺の夏はどんなか?気になって仕方が無くなり、「トレッキング+自転車で戻り」のパターンで様子を見に行くことにしました。

カミサンを誘ったところ、「山登るのはイヤゃ・・」とのことなので、「殆ど登らずに平行移動か下りで、途中で美味い水を汲んで茶を飲み、昼を食べる」として、選んだルートは上のとおり。

実は、今回のルートは色々とハプニングがありました。

(その1)自転車をデポしに行くのに、早稲沢集落から早稲沢口(登山口)へ向かう林道を間違えて、全然違う林道を登ってしまい、途中で畑のおばさんに聞いて間違いに気付き、引返してタイムロスした。

(その2)自転車の空気を前日に入れて当日朝チェックしたら、カミサンの自転車(キッズ用のMTB風町乗り車)の前輪の空気が抜けていたが、大して気にせず、空気入れで補充してそのままデポした。
それが、後でえらいことに・・・

(その3)早稲沢口にトレッキングから戻り、自転車でビジターセンターへ戻ろうとした際、未舗装の林道を早稲沢集落まではなんとか乗れた(カミサン車)が、その先の舗装になった所で前輪の空気が抜けた
携帯ポンプで空気を入れたものの、すぐ空気が抜ける・・・

結局、カミサン車はそこへ”おきざり君”、私だけ自転車でビジターセンターまで桧原湖畔を戻り、カミサンはバスで戻った。2時間に1本しかないバスがちょうどやってきて、しかも、バス停ではない所で停まってくれて、これはラッキーでした。
その後、”おきざり君”を取りに再び早稲沢へ戻る羽目になった・・・

まあ、いろいろありましたが、総じて気持ちのいいトレッキングを楽しむことができ、満足・・・

デコ平、百貫清水の辺りはもう、秋の雰囲気で、風がとても気持ちよく、百貫清水から布滝の間は誰にも会わず、静かな山道でした。


■グランデコ−デコ平−百貫清水へ■

グランデコのゴンドラを降りたら、長袖でも寒い位、慌ててダウン半袖を出した
画像

咲いている花には、旅する蝶「アサギマダラ」がたくさん集まっていました。
画像

デコ平付近から西ダイテン方面、風が爽やか・・・
画像

デコ平湿原の周回には行かずに、百貫清水を目指します。デコ平からはダラダラした坂を登ります。GPSを見て気が付きましたが、これは、南西尾根ルートからの下りでデコ平へトラバース気味に下っていく坂の場所に一致していました。夏は笹に覆われた斜面です。

大分、高さを稼いで尾根に出る手前付近では、ボスダイテン方面の尾根の繋がりを眺めることができます。
画像

再び、坂を下ると百貫清水、懇々と水が沸いていました。水温はそれほど冷たくは無い。
画像

画像

画像

お約束の”清水で茶点”、沸かした清水で淹れた茶は美味かった。
画像

■百貫清水−布滝へ■

百貫清水から、再び緩い登りで大早稲沢山の鞍部を目指します。
ここは、また一段と大ブナ林が素晴らしい。
積雪期の斜面でも、ここはブナのツリーランでとても楽しかったところだ、と思い出しました。
画像

鞍部を越えると、遥か下から谷音が聴こえてくるとともに、急坂が始まります。
急坂を一気に谷底まで下った所で、布滝の分岐に出ます。
西ダイテンへ向かう登山道は、ここから分岐して上へ向かっています。

布滝付近も広葉樹林に覆われ、紅葉の季節は素晴らしいことでしょう。
滝を見ながら、ここで昼を食べます。
(布滝)
画像

■布滝−早稲沢へ■

布滝から谷沿いに下れば、やがて早稲沢口に出ます、自転車をデポしたところです。
画像

ここからは、自転車で戻りに掛かります。
画像

早稲沢集落付近までは、未舗装の林道、谷から結構な高さの所の道でガードレールは無いので、スピードを出さないように注意して下ります。

未舗装とは思っていなかったので、スリックタイヤのままで来てしまったので、谷側が切れ落ちた所は用心して、自転車を降りて押して通過。

■早稲沢−ビジターセンターへ戻り■

早稲沢の集落へ着きました。
ところが、カミサン車の前輪空気が抜けました。
仕方が無いので、”おきざり君”です。
画像

ちょうど来たバスを停めて、カミサンは戻ることにします。
画像

私は、当初予定どおり、桧原湖畔周回道路をサイクリングしてビジターセンターまで戻りました。

早稲沢からビジターセンターまでは、あまりアップダウンも無く、時々やってくる自動車に気を付ければ快適なサイクリングです。涼しい風の中、快適にビジターセンターまで戻りました。(最高速度は52km/h)

その後、”おきざり君”を回収して、ついでに車で桧原湖を1周して、帰路に付きました。


(後記)
・・・前輪の空気が抜けた原因は・・・
日頃使っていないので、空気口のバルブの”ムシゴム”がボロボロになっていたためでした。
(因みに、カミサン車は、ママチャリと同じタイプのフツーの空気バルブ)

教訓:
使っていない自転車に乗る時は、空気の抜けも入念にチェックしないといけませんね・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
喜怒哀楽に終始したサスペンスを拝見いたしました
それでもめげず楽しみ方を十分披露してくれてるところが流石です ムシゴムは劣化すると自然に空気が抜けてしまうので取り替えなくては成らないのですね 山小屋の自転車も点検しなくては・・・?
SEI
2009/08/24 09:08
てっきり白布峠から最高時速60km/hのダウンヒルを楽しまれたと思いました。
Mt.Racco
2009/08/24 12:20
バスを捕まえることが出来るとはなんて幸運。

逆ルートでスキー場をMTBで一気に下ってくるというのはいかがでしょう?
登る嫌と言われると却下かな?
N家(たけ)
URL
2009/08/24 20:31
SEIさん、こんばんは
”ムシゴム”のトラブルは想定外でした(反省)
特に夏はゴムが劣化しやすいのかもしれません(ご注意)
天気も良く、まあ、結果的に楽しめたので、よし。としました。
HAMA
2009/08/25 00:30
Mt.Raccoさん、
白布峠のコースは、秋のお楽しみ! として取っておきます(笑)
その時はお誘いしま〜す・・・
HAMA
2009/08/25 00:32
N家たけちゃん、
バス停では無い所でも停まってくれるんですね、不平は出なかったのでカミサン的には楽チンなバスの方で正解だったかも・・・
そのお陰?で、早稲沢辺りからの戻りは、気ままに自転車飛ばして戻りました。
MTB担いで布滝からデコ平ですか〜、かなりの歩荷訓練ですね、でも、一旦登ってしまったら、後は大きな段差無いのでマジに走れるかもしれません、或いは・・・ゴンドラにMTB積み込んでGデコTOPからゲレンデを下っちゃうとか・・・
HAMA
2009/08/25 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009年8月23日 裏磐梯/デコ平-百貫清水-布滝-早稲沢->自転車で戻り HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる