HAMA'sの山&鉄 通信・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS アバランチ・ナイトへ

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

11月15日、アバランチ・ナイト宇都宮へ・・・日本雪崩ネットワーク主催によるアウェアネスセミナーを受講してきました

登山シーズンが一段落したので、愛用しているハン・ワグの登山靴のソールが摩耗してきたのを、オー○シスポーツへ張替え修理を頼んだ(もう20年使っている靴で、これで2回目の張替)
その後、アバランチ・ナイト会場へ。

アバランチ・ナイト、これは講習会ではなくアウェアネスセミナーということだが、、どういうものかを知るキッカケ、または自身の行動を再考するヒントだ、ということで。

雪崩を知り、それに逢わないようにするための、自分と仲間の行動と判断のために、大変興味深いセミナーでした。。
画像

定員50名満席、そのうち、参加した皆さんは・・・
T村さん's、Y室さん、みっちーさん、 そして、羊家さん、 と、HAMA でした。

→日本雪崩ネットワークのHPへ


<追記 '08.11.16>
2時間超、珍しく?集中したセミナーだった。

今まで参加した雪山講習会などでは云っちゃなんだが、積雪安定性確認のうちの弱層判断による雪質チェックのこと”のみ”しか、説明していなかった気がする・・・

アバランチ・ナイトでは、それは周知のこととして、もっと重要な要素が他にもあり、事例を挙げての説明を示した。
ニセコ、三田原山、白馬の事例など、これらで説明されると、すべて関連付できてしまうのですね。

勉強になった。
豊富な事例データ分析による結果としての説明は、説得力ある、というより事実としての迫力があった。
日本雪崩ネットワークだからこそ示せる指針、と理解した。

積雪安定性について、幾つか、HPから引用させてもらい、追記した↓

クラス1データ:
積雪の安定性を教えてくれる直接的なデータで、最も重要度の高い情報となります。真新しい雪崩、スロープテスト、積雪の中から聞こえる音(→ワッフ音)、クラックなどです。
積雪の中から聞こえる音は、シール登行しているだけで、あなたの体重が積雪内部の弱い雪を壊している、ということです。大きな斜面、斜度のある斜面を避けるべき、という明らかな兆候(自然のサイン)となります。同様に、斜面に入ろうとしたら、足元からクラックが入った、という現象も、積雪は限界に達している明らかな証拠です。すぐに安全な地形に迂回します。

クラス2データ:
積雪要因です。層構造、雪質、各種の安定性テスト
積雪は場所によって多様性を持ちます。ですから決して一つのテスト結果から斜面全体の安定性を判断してはいけません。どのようなテストであれ、その局所における安定性について、情報を一つ提供してくれるだけです。
→米国でのデータとして、同じ斜面で同時に数十箇所のピットチェックでは”安定”と”極めて不安定”のバラツキが生じた事例を紹介、その理由として地形と樹木等による風因で積雪具合が均一にならなかったためと考察が示された

クラス3データ:
気象要因です。降雪、風、気温などになります。よりファジーな傾向を持つデータとなります。言い換えれば二面性が現れます。たとえば、降雨は数時間という短い時間スケールでは大きなマイナス要因ですが、一週間という長さになれば、安定要因として働きます。一つハッキリ言えるのは、極端な変化、たとえば急という形容詞がつくような気象変動は、積雪に対して明らかなマイナス要因となる、ということです。
→行動当日の天候だけでなく、それまでの天候変動が雪の不安定さに関与していることが事例で示されたが、個人ではとてもそんなデータベースは持てないので、”雪の掲示板”のような情報を参考にしよう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重なセミナー情報ありがとうございました。
凄く勉強になりました。
思い返せば昨シーズンのコースでも危険な所がチラホラ・・・。
斜面を登る・滑る前にどう行動するか考え、話し合うのも必要ですね。
気付いたら話して対処する様にしていきたいと思います。
みっちー
URL
2008/11/16 16:40
たいへん有意義な2時間でした。
経験、学習、訓練がもっと必要と感じました。
ビーコントレーニングも計画しましょうか。
t村
2008/11/16 17:58
12月にある仙台のに申し込みました。
あっという間に2時間過ぎてしまいそうですね。
ためになりそうで楽しみです。
N家(たけ)
URL
2008/11/16 19:11
みっちーさん、
雑誌やネットの関連情報もあるでしょうが、こうしたセミナーはまた、違いますね、たった2時間なのにインパクトありましたね
実地フィールドで状況判断するのに、きっと役立つことでしょう・・・
HAMA
2008/11/16 19:59
t村さん、最新鋭機入手メデタシ・・・
繰返し練習してイザという時に使えるようにしましょう、今度、ビーコントレやりましょう
HAMA
2008/11/16 20:06
N家たけちゃん、
無料にもかかわらず、大変有意義なセミナーでした、
仙台まで行く価値は大有り、と思います
普通の講習会と違い、このNPOのは自分達で事例調査した結果に基づく分析を紹介しているので、単に一般論の知識と解説ではなく、インパクトがありましたね。
必ずや、参考になることと思います。
HAMA
2008/11/16 20:15
皆さんで勉強ですね!一人で知識を高めても意味がないのでとてもいい機会ですね!
千葉は30日です。もちろん今年も行きますよ!
実技も行きましょう!(一日穴掘りで筋肉痛になりますが。)
ま、今度はスキー場で宝探しをやりましょう!
まうんとらっこ
2008/11/17 17:01
まうんとらっこさん、
当地のような地方都市でアバランチ・ナイトやってくれたお陰で、誘いあわせて話が聞くことができ、いい機会でした。
今度は、座学+実践 で訓練していきたいものです。
どちらかというと、穴掘りよりビーコン探索時間短縮のコツを掴みたい・・・
HAMA
2008/11/17 22:53
私も居たんです。カミサントその仲間7人、真ん中に陣取っていました。
こうやってマラソン大会からだんだん山スキーにモードが切り替わって行く感じいい感じ、またどこかですれ違いましょう。
緩斜面専門テレマーカー
2008/11/18 09:20
緩斜面専門テレマーカーさん、
やっぱり!ひょっとして来ているんじゃないかと思ってましたョ(笑)、
雪の無い所でのすれ違いは初めてでしたが、次は雪の上でしょうかねぇ・・・
HAMA
2008/11/18 21:19
私は本格的な講習はまだで・・・
色んな意味でHAMAさんのブログで勉強させていただいてますm(_ _)m

福島の山も本格的な雪が降りました
山小屋のライブカメラからは雪景色が確認できました。。。よ〜
SEI
2008/11/19 09:55
SEIさん、こんにちは
ライブカメラで凄いことになっていると伺い、さっそく見せて頂きましたヨ・・
ほんとに雪景色ですね!
HAMA
2008/11/19 12:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アバランチ・ナイトへ HAMA'sの山&鉄 通信・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる